『王さまの剣』も実写映画化?

実映画シンデレラの大人気はデイズニーが実映画の制作に熱心してるようです。美人と野獣の実映画は2017年3月全米に公開と明らかた。ディズニーがアニメーション映画『王さまの剣』(1963)の実写映画化企画を進めていると The Hollywood Reporter が報じた。

20091115023708

脚本を手掛けるのは、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のブライアン・コグマン。映画『トゥモローランド』のブリガム・テイラーがプロデューサーを務めるという。テイラーは同じくディズニーアニメーション『ジャングル・ブック』の実写映画製作も進めているとのことだ。

『王さまの剣』は、ウォルト・ディズニーが亡くなる前に公開された最後の長編アニメーション映画。アーサー王伝説が題材になっており、ヘクター卿の城で働く少年ワート。ある日、ヘクター卿の息子ケイと狩りに出かけ矢をなくしてしまい、探しに一人で森の中に入る。そこで魔法使いマーリンと出会う。少年ワートが、ワートに王としての資質を見いだした魔法使いマーリンによる修行で鍛えられていくさまが描かれる。

『王さまの剣』のほか、これからもたくさんのデイズニー映画が実化されるでしょう。楽しみしています。

着ぐるみの作り方コスプレなどに興味があるかた、どうぞMascotshowsへご覧くだい。

着ぐるみの作り方

着ぐるみは可愛い外見で、よく遊園地やテーマパーク、企業のキャラクターや商品キャンペーンなどで幼児・子供向けの着ぐるみショー、一緒に写真撮影、風船や商品などを配布する作業を行い顧客サービスに従事している。着ぐるみの作成結構高いと思います。自分で着ぐるみを作ってみてか。以下は着ぐるみの作り方のポイントを紹介します。ご参考になれば幸いです。

1、簡単なデザインを選ぼう。基本的な頭の部分と1-2のスーツは、多くの異なるマスコットを作成することができます。

D副本

2、丸い頭で始めよう。バルーンまたはビーチボールの上に張り子を積層することにより作成することができる丸い頭で始まります。口、鼻および他の要素は、発泡スチロールのブロックを彫刻し、それらを接着することによって作成することができます。張り子張り子は、水分と軟化しないようにアクリルコーティングで頭の中をスプレーします。

3、このような任意の生地の店で利用可能な縫製カタログや多くの工芸品センター、ウィザードまたはカウボーイのような人間のキャラクターの衣装のためのパターンを探します。

4、独自衣装を作ります。動物の衣装のためのパターンがで来るのは難しいです。必要に応じてサイズを大きくし、ガイドとしてのパターンを使用してください。

5、ジャンプスーツや接着剤で始まるフラフープを使用するか、フォームを変更し、接着剤やフォームの上、適切な布を縫います。

6、動物の足の作りが難しいので、着ぐるみの生産会社を一回を訪ねましょう。

7、着ぐるみの作り方について、ほかのヒントが興味があるなら、どうぞhttp://www.mascotshows.jp/へご覧ください。

どうしたら着ぐるみは快適になるか

着ぐるみの内側に汗をかいていないことを避けるために、いくつかの魔法の方法があると信じています。それはありえないと思います。

当社はできるかぎり快適ような着ぐるみを作るため、作り方法を改善し、新しい材料を使い、現実にはジャンプスーツ着いて、動かなくても汗が出ます。人間として自然の反映で問題ないと思います。

1

 

むしろ着ぐるみが熱いであることに焦点するより、マスコットパフォーマーに二つのことを心配する必要があります:

1 適切な通気はありますか?
2 衣装は完全に洗浄することができますか

一般的な着ぐるみのケアでここに多くの情報を見つける。私たちは、新鮮で着用する準備ができてあなたの着ぐるみを保つための詳細な手順や役立つヒントを提供します。

あなたは単に、まだ立って歩いたり、周りのジャンプしているかどうか 。当社の施工方法は、可能な限り快適なようにマスコットの衣装を作り、体熱の逃げを助ける使用されている新素材がありますが、現実には毛皮のジャンプスーツを着ていることである汗をかく。つまり、熱に身体の自然な反応であり、それには何の問題もありません。

こちらはマスコットのケアについて多くの情報がつつける!マスコット衣装を保つための詳細な手順や役立つヒントを提供します。

着ぐるみの通気が非常に重要だと思います。完全に囲まれている着ぐるみは、着用者にとって潜在的な危険があるかもしれませんが、簡単に十分な新鮮な空気を得ていることができるため、着ぐるみの中にパフォーマーを空気を通過させるためのメッシュでカバーされていたところがあります。メッシュ状の領域は、通常目、口、耳、そして鼻です。

換気はまた着用しているマスコットボディスーツの重要な要因です。マスコットの体のどの部分が(通常は大きなお腹やパッド入りのある他の領域にところ)発泡が含まれている場合は、使用されるべきである発泡の唯一のタイプは、網状フォームです。網状フォームは、非常に大きな細孔を有することです。これは、体熱が通過することを可能にし、洗浄だときに水分を保持しているから、発泡を防止する。この泡は洗浄後完全に乾燥し、成長してから細菌を防ぐことができます。あなたのマスコット衣装は、網目状(すなわち張りフォーム)以外の身体中の泡のいずれかのタイプを持っているなら、それを着用しないでください。

着ぐるみの作り方、制作について、どうぞMascotshowsへご覧ください。Mascotshows.jpでの着ぐるみは全て歴史ある専門工場で製作されたものです。品質の保証ができます。

 

 

着ぐるみの保管方法について

DSC_2070

 

着ぐるみは消耗品ではございません。高価なものですから、是非、末永く良いコンディションでお使い頂きたいと思います。着ぐるみならではの、ちょっとした「コツ」をご理解頂ければ、着ぐるみの寿命を延ばすことが可能です。

着ぐるみ保管方法の基本は乾燥させることです。着ぐるみの中は、汗などで湿気たっぷりです。基本的に生地などを使用していますから、このまま放置しますと、カビが繁殖する原因になります。使用後は、完全に乾かしてから、保管をお願い致します。紫外線には要注意です。日光に当たると、日焼けを起こしてしまいますので、できるだけ暗く乾燥した場所に保管をお願い致します。

1、拭き取る

表面の汚れは、乾いた布で拭き取ります。汚れがひどい場合は、水 または ぬるま湯(40℃以下)を含ませた布で軽くふきとります。

2、乾燥させる

ハンガーにかけて風通しの良い場所で乾燥させます。

3、臭いが気になったら

内部の臭いが気になる場合は、衣装用消臭剤(スプレータイプ)を使用します。

4、ブラッシング

ボア生地などの表面素材の場合、ブラッシングをして毛並みを整えます。

5、通気性の良い場所で保管

保存袋に入れ、通気性のよい場所で保管してください。

ご注意:着ぐるみが汚れた場合(軽めの場合)は薄めた中性洗剤でたたき洗いして下さい。汚れがひどい場合は専門業者に依頼し、ベンジン等の溶液は使用しないで下さい。ボンドが溶けて生地が剥がれてしまいます。

着ぐるみが破損してしまった場合

Mascotshows.jpは着ぐるみの専門家です。着ぐるみの制作はもちろん、着ぐるみのメンテナンスも出来ます。着ぐるみの作り方に興味があるなら、どうぞMascotshowsへ!