『ベイマックス』ストーリー

ベイマックス』は、2014年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・アクション・ファンタジー映画である。今からそう遠くない未来。サンフランソウキョウに住む14歳の少年ヒロ・ハマダは最愛の兄、タダシと、タダシの恩師で、尊敬するロバート・キャラハン教授を火災事故で失ってしまう。幼いころに両親をなくし、たった一人の家族も失い、心を閉ざしてしまったヒロの前に現れたのは白くて風船の様な見た目のロボット、ベイマックス

彼はタダシが生前、最後に作った『心と体を守るケアロボット』で戦闘能力も戦闘意欲も持たない心優しいロボットだった。

叔母のキャスと3人で一緒に生活していくうちに、歌舞伎の仮面をした男に命を狙われる2人。仮面の男の狙いとタダシの死の真相を知るべく、ベイマックスのバージョンアップと仲間達と共に立ち向かうヒロ。だが、兄タダシがベイマックスに託した本当の使命を彼はまだ知らなかった。

白胖子1

ロマンチック!中国人男性、「ベイマックス」に扮して街角でプロポーズ

ロマンチック!「今日は私たちが知り合って1年目の日だ。この特別な日に君に言いたい。結婚してくれませんか?」―空気で膨らんだ「ベイマックス」が恋人にプロポーズする姿が見られた。

どうしてベイマックスに扮したの?いまベイマックスはすごい人気があるだけではなく、たぶんベイマックスは暖かそうな感じがするからだ。ベイマックス着ぐるみでプロポーズするには特別で、最高なのだ。きっと彼女の忘れられない思い出になる。

11

2016年のデイズニーアニメ新作情報公開

アナと雪の女王』以来、再び注目を集めているアニメーションスタジオ「ディズニー」。その新作の情報が発表されるたびに話題になっている。2015年の「ベイマックス」と「シンデレラ」も公開依頼、大好評でした。これから、デイズニーアニメーション映画も続々発表!

22193

■『ズートピア』(原題)

日本公開:2016年GW/全米公開:2016年3月4日

映画の舞台は、人間がひとりも存在しない動物だけの世界で、彼らが人間と同じように生活をしている“ズートピア”。身に覚えのない罪で逃亡することになったお調子者のキツネと、彼を追いかける自己中心的な警察官のウサギ。自然界では天敵同士とされている彼らが、あることをきっかけに“ありえない”タッグを組むことに――。

 

■『モアナ』(原題)

全米公開:2016年

南国独特の魅力的な音楽満載のアドベンチャー映画。生まれながらの航海士・モアナが、伝説の島を探しに航海に出るとのストーリ。

 

■『グッド・ダイナソー』(原題)

公開日:2016年3月/全米公開:2015年11月25日

もしも隕石が地球に衝突せず、恐竜が絶滅をまぬがれていたら? ――主人公は20メートルを超える体長と優しいハートの持ち主である、若き草食恐竜のアーロ。ある日、彼は、見たこともない生き物と遭遇する。それは、スポットという名の“人間の子ども”だった…。ディズニー/ピクサー史上最大級のスケールで描く、大きな恐竜と小さな人間の冒険――この奇跡の出会いから始まる壮大な物語。

 

■『ファインディング・ドリー』(原題)

日本公開:2016年7月予定/全米公開:2016年6月17日

大ヒットを記録した『ファインディング・ニモ』の続編プロジェクトとなる本作。宝石のような美しさに満ちたファンタジックな海の世界を舞台に、ニモの父親・マーリンの親友で忘れん坊のナンヨウハギ・ドリーたち人気キャラクターが再結集。ある日ニモと共に遠足へと出かけたドリーが、マンタの大群を見て「そういえば(自分の)家族は?」と思い出すのだが――。

着ぐるみ販売

デイズニー映画のコスプレ衣装着ぐるみに興味があるなら、どうぞMascotshowsへ!