ディズニー新作『モアナと伝説の海』最新予告編──少女の海の大冒険

ディズニーは、新作『モアナと伝説の海』の映像を発表する準備ができていた。

いま、11月23日の映画リリース(日本では2017年3月10日公開予定)を前に、たくさんの新しい映像が入った予告編が出ている。

「モアナと伝説の海」は、「アナと雪の女王」、「ズートピア」などでおなじみのディズニー・アニメーション・スタジオの作品で、監督を務めるのはロン・クレメンツとジョン・マスカーの二人。二人共多くのディズニー作品でアニメーター、プロデューサー、脚本を手がけた実績があり、「プリンセスと魔法のキス」でもタッグを組み、共同監督を務めている。そんな二人が手がけた本作「モアナと伝説の海」のストーリーは一体どんな話なのだろうか。

今から3000年前、偉大な探検家たちは世界中の海を船で旅し、南太平洋の多くの島々を発見していた。しかしながらその後約千年にも渡って航海する者はいなくなり、探検家たちの姿はいつしか消えていた。その理由は誰にも分からなかった。

そんな中、生まれつき海を愛し、海に愛される船乗りのテーネイジャー、モアナは、その地に語り継がれるある島を探しに旅に出る。それは彼女にとっては先祖から託された夢そのものだった。旅の途中、彼女は伝説の男マウイと出会い、一緒に旅をすることに。二人は旅路で大きくて危険な生き物や不思議な出来事に次々と見舞われていく。

ディズニーはすでに、2016年を『ファインディング・ドリー』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『ズートピア』で盛り上げているが、『モアナと伝説の海』と『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で興行収入のよかったこの1年を締めくくるつもりのようだ。

皆さん、ディズニーの新作をたのしみにしているか。「アナ雪」のような面白い映画でいいですね。

qq%e6%88%aa%e5%9b%be20160921164547

ズートピア』V3達成

人間のように暮らす動物たちの“楽園”を舞台にした「ズートピア」が、公開5週目にして3週連続1位を獲得。動員・興収共に2週連続で前週比がアップするという、前代未聞の成績をたたき出した。

2014年に大ヒットした『アナと雪の女王』、昨年の『ベイマックス』に続く、ディズニーの長編アニメーションである本作は、公開1週目、2週目とも『名探偵コナン 純黒の悪夢』に大きく水をあけられての2位スタートだった。公開4週目で50億円を突破した『コナン』に対し、『ズートピア』は3週目で初めて1位を獲得し、4週目、5週目と成績を伸ばしてきた。主人公はウサギなのにまるでカメのような歩みでヒット街道を進んでいるのだ。

ツイッターで「ズートピア」関連の投稿を見ていると、「ズートピア観た!面白かった!」「かわいし面白いしあの映画最高」「みんながオススメするのがわかる」などとひっきりなしにツイートされていて、口コミ効果を目の当たりにしている感もある。

ニックジュディがかわいすぎ」、「ニックのよしよしがんばりすぎるんだからをリピートしてみたいー!!」など、ジュディとニックに萌える人も。友達同士やカップルの間で「ジュディとニックの“セルフィー”動画」を真似したり、創作マンガや擬人化イラスト投稿していたり。ネットでちょっと検索するだけで、すぐに見つけることができる。

まだ「ズートピア」を見ていない方は早く映画館へ足を運びましょう!

ズートピア

 

2週連続No.1獲得で“ズートピア現象”巻き起こる! 異例の動員数122%増

人間のように暮らす動物たちの“楽園”を舞台にしたディズニーの最新作『ズートピア』が、今回発表された2週連続週末興行ランキングで、本作が1位を獲得したことが明らかになった。動員&興行ともに前週比が120%という驚異的な数字を記録。日本中で“ズートピア現象”が巻き起こっているようだ。

動物が人間のように暮らす大都会“ズートピア”。誰もが夢を叶えられる人間も顔負けの超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れていた。立ち上がったのは、立派な警察官になることを夢見るもふもふボディのウサギのジュディ。しかし動物にはそれぞれ決められた役割があり、小さくて可愛いウサギは農場で人参作りに従事するのが“ウサギの人生”とされている世界。夢を忘れたサギ師のニックを相棒に、彼女は奇跡を起こすことができるのか――。

GW後の土日で、動員数&興収が前週よりUPするのは、異例中の異例。5月15日時点での累計は、興行収入が3,729,825,900円、動員数は2,921,368人と、50億突破は確実とみられている。50億の大台は、GW映画の洋画として『シンデレラ』(57.3億)以来の快挙。週を追うごとに熱狂的なリピーターも後を絶たず、子どものみならず、客層が確実に大人へも広がっていることが要因となっているよう。

先月23日(土)より公開している本作は、4週目にも関わらず公開週の記録超え! GW明けもまだまだ右肩上がりで勢いが止まらず、まさに『アナと雪の女王』大ヒットと同じ現象となっている。

ズートピア

ズートピア2

「ズートピア」感想

ディズニー新作いま上映中!皆さん、映画館へ見に行きましたか?中国はとっくに上映されたので、もう見ました。

ズートピア

まずズートピアのストーリーを簡単に紹介したいと思います。。

さまざまな種類の動物が暮らす理想郷ズートピア。うさぎのジュディは、人一倍の努力で警察学校を首席で卒業し、大きくてタフな動物ばかりが揃うズートピアの警察に赴任する。ジュディは世界をより良くしたいと願っていたが、小さくて可愛らしいうさぎのため、実力を認められずにいた。そんな時、ズートピアで、動物たちの連続行方不明事件が発生する。ジュディはひょんなことから詐欺師のキツネのニックと共に、捜査にあたることになり、事件の手がかりをつかむが、この事件の裏には予想もしない陰謀が隠されていた…。

「ズートピア」は中国で大人気だった、映画館はほどんと満員で、「アナと雪の女王」以上に愛されるかもしれない。

「ズートピア」はまさに大人も子ども楽しめるスキのない作品で、見所はたくさんあるが「努力すれば夢はかなう」という希望が見えにくい現代社会だからこそ、この作品のメッセージが胸に迫ってくるのだ。不当な扱いを受けても、すねたりクサッたりしていては何も解決しない。自分自身が行動することでしかその打開策はみつからない。ポップスターのガゼルの歌に励まされ、ナマケモノの公務員の仕事ぶりとラストのオチに大爆笑し、いつしか前向きな気持ちになる。映画を見終わる頃には、動物たちが何となく人間にみえてしまうだろう。いや、人間が動物に見えてしまったりして!

「ズートピア」に興味ある方はさっそく映画館へ足を運びましょう!

ズートピア2

大ヒット連発で黄金期再びのディズニー、「ズートピア」いよいよ公開!

アナと雪の女王』『ベイマックス』、そして今回の『ズートピア』のヒットで、ディズニーは「再び黄金期を迎えた」とも言われる。

ズートピア

「ズートピア」は、動物たちがまるで人間のように暮らすハイテク文明社会・ズートピアを舞台にしたファンタジー・アドベンチャー。動物にはそれぞれ決められた役割があり、小さくて可愛いウサギは農場で人参作りに従事するのが“ウサギの人生”とされている世界で、唯一、彼女だけは幼いころから警察官になりたいという夢を抱いていた。立派な警察官を目指すジュディが、ひょんなことから相棒になった詐欺師のキツネ・ニックと共に、ズートピアに隠された驚くべき秘密に挑む……。

しかし、この映画は、決して動物について描いた作品ではない。人間社会、特に現代社会の課題を描いている。

実は本作、主要キャラクターの成長を描くなかに、「偏見」「人種」「差別」といった問題を織り交ぜているのだ。

「ズートピア」は4月23日(今週の土曜日)より公開!みんな、見に行きますか?

ズートピア2

 

アナ雪「Let it Go」に続く!『ズートピア』主題歌解禁

ディズニー新作「ズートピア」はいよいよ4月23日より公開!

「ズートピア」は、動物による動物のためのハイテクな大都会。そこには、大きさも習慣もタイプも違うたくさんの種類の動物たちが平和に共存し、さらにはどんな動物にも快適な暮らしができる環境が整えられている。そんな“ズートピア”に思いを馳せているのは、もふもふボディのディズニー最新ヒロイン、ウサギのジュディ・ホップス

ディズニーの最新ヒロイン、ウサギのジュディが、最高にユニークな動物たちの“楽園”を舞台に活躍するファンタジー・アドベンチャー『ズートピア』。このほど、本作に声優としても参加するシャキーラが歌う、夢を叶えたいすべての人に響く主題歌「トライ・エヴリシング」のPVが解禁となった。

解禁されたPV映像では、生まれ育った小さな町を離れ、不安と期待に胸を膨らませたジュディが、人生の新たな一歩を踏み出す様子がイキイキと描かれている。

ディズニー映画の主題歌といえば、まず思い浮かぶのが社会現象にまでなった『アナと雪の女王』の「Let It Go」だ。ヒロイン、エルサの内に秘めた想いを解き放ち、“ありのままで”自由に生きることを誓う楽曲には老若男女が共感、その耳に残るフレーズの虜となった。

本作の主題歌「トライ・エヴリシング」もまた、ヒロインのジュディが夢を叶えるため“ズートピア”へと旅立つときに、自分自身を奮い立たせ、励ますようにイヤホンで聴いている曲。その歌詞には、「失敗したって、何度でも頑張るわ!」というジュディの前向きなメッセージが込められている。

今週の土曜日は映画館へ「ズートピア」を見に行きますか。

そういえば、コナンの劇場版も公開中です。ディズニー映画と国民アニメ映画、どっちが勝つと思う?

大集合

ディズニー新作映画『ズートピア』日本語版キャストが決定!

全米で『アナと雪の女王』『ベイマックス』をはるかに上回る、ディズニー・アニメーション史上最高のオープニング興収を叩き出す大ヒットを記録している『ズートピア』。海外マーケットでも大ヒットを飛ばしており、既に世界興収は2億3250万ドルに達している。そんな、世界中に旋風を巻き起こしている「ズートピア」は、日本でも4月23日(土)より公開される。

前日、『ズートピア』の日本語版キャストが発表になった。主人公のウサギのジュディを上戸彩が、ジュディとタッグを組む詐欺師のキツネ・ニックを森川智之が演じるほか、サバンナの高橋茂雄、玄田哲章、三宅健太、竹内順子らがキャストを務める。

zootopia

「ズートピア」は、動物たちが人間のように暮らす文明社会を舞台に、ウサギの新人警察官が詐欺師のキツネを相棒に事件解決に挑むというストーリー。予告編の解禁時より「ジュディの声は誰?」とネット上でも話題になり、上戸を含むさまざまな名前があがっていたが、改めて予告をチェックしてみると納得!はたして本編ではどんな演技を披露しているのか、楽しみに待ちたい。

ニックを演じる森川はアニメーションや外国映画の吹き替えを多く務め、名優だ。ズートピア警察署長のスイギュウ・ボゴを演じる三宅は“アベンジャーズ”シリーズでソーの声を担当する実力派で、ヒツジのベルウェザー副市長を演じる竹内も、うずまきナルトなど人気キャラクターを多く演じている俳優だ。

現在『ズートピア』は中国にも上映中で、すごく好評されているようだ。ていうか、名探偵コナン劇場版第20弾の公開日は4月16日だ。対決とも言えるよね、ディズニー新作とコナン20周年作品、どっちが勝つと思う?たのしみだな。。。

「ズートピア」、「アナ雪」を超える!

3月4日、ディズニーの最新作「ズートピア」が、興行収入7千370万ドルという同社史上最高の全米オープニング興行成績第1位の大ヒットスタートを記録した。「ズートピア」はこれまでトップだった「アナと雪の女王」の6740万ドルを大きく上回った。海外マーケットでも大ヒットを飛ばしており、既に世界興収は2億3250万ドルに達している。

ズートピア

「ズートピア」は、動物たちが人間のように暮らす文明社会を舞台に、ウサギの新人警察官が詐欺師のキツネを相棒に事件解決に挑むというストーリー。映画を鑑賞した観客の評価を算出したシネマスコアもAとなっている。

「『ズートピア』はただ楽しいだけのディズニー映画ではなく、まさにディズニーが今まで製作した最高傑作の一つとなっている」、「この作品は本当の意味で全ての要素がそろった作品である。とても面白く、創意に富み、ワクワク感とサスペンスに満ちている」と、数々の名作を生み続けてきたディズニー作品が強みとする、オリジナリティーあふれるエンターテインメント性の高さに称賛の声が上がっている。

監督たちが掲げる「ズートピアは、まさに人間世界の縮図であり、性別、年齢、学歴、出身地などの違いから生まれる偏見や違いを描いている。その違いを個性として認め合うことができたら、人生はもっと豊かになるだろう」というメッセージは、大人たちにも響き、今回の『アナ雪』『ベイマックス』超えの要因となったようだ。鑑賞後には、自分や友人や家族などが「あのキャラクターに似ている」と、ズートピアの住人を身近な人物に置き換えたトークでも盛り上がっているとか。

ズートピア2

そんな、世界中に旋風を巻き起こしている「ズートピア」は、日本でも4月23日(土)より公開される。

ミッキーの姿も!? ディズニー『ズートピア』、ポスター公開

4月23日に公開されるディズニー映画『ズートピア』の日本版ポスターが公開された。

動物たちが、現代のようなハイテク文明社会で暮らす姿を描いたファンタジー。動物たちが人間のように暮らす楽園、“ズートピア”を舞台に贈るディズニー最新作『ズートピア』。日本版のみ、ポスター内に「隠れミッキー」が仕込まれ、遊び心も満載の作りとなっている。ポスターには、ヒロインのウサギのジュディと共に、隠れミッキ―や遊び心満点の看板など、楽しい“小ネタ”が描かれていることが明らかになった。

『ズートピア』は、『アナと雪の女王』『ベイマックス』のディズニーが贈る、ユニークな動物たちの“楽園”を舞台にしたファンタジー・アドベンチャー。ウサギのジュディ・ホップスが、「警察官になりたい」という夢を叶えるため、田舎町から大都会の“ズートピア”を訪れる模様を描き出す。

また、“ズートピア”がどういう世界かを説明した特別映像も公開されている。

QQ截图20160121170005