着ぐるみとは

着ぐるみとは人間の全身を覆う、等身大のぬいぐるみの総称で、怪獣など架空の生物や人間や、擬人化した動物を表現する方法として用いられる。 一般的には遊園地やテーマパーク、企業のキャラクターや商品キャンペーンなどで幼児・子供向けの着ぐるみショー、一緒に写真撮影、風船や商品などを配布する作業を行い顧客サービスに従事している。

代表的なキャラクターはミッキーマウス・ハローキティなど擬人化した動物型、ゴジラなどの怪獣型、ロボットなどの造形が一般的であるが 映画の特殊撮影技術の一つとして、または幼児向け子供番組の登場人物、特殊な演劇的表現として舞台演劇で用いられる。 他にも遊園地・テレビ番組・企業(CMキャラクター)のマスコットキャラクター、アニメ(漫画)の着ぐるみ化、有名人を擬人化した着ぐるみも見られる。 また、自社オリジナルの着ぐるみを製作し、PRイベントに活用する企業も多い。 着ぐるみは日本にとどまらず世界中の企業、イベント、映画、テレビ番組、CM、遊園地等で様々な着ぐるみが活躍している。 以前は着ぐるみを自分で購入するか、着ぐるみを扱う職を探さないと実際に体験する事が難しい状態であったが、今では実際に着ぐるみを着て動いて学べる「着ぐるみ学校」も存在するので着ぐるみを持ってなくても事前に体験する事も可能になっている。

大半の場合は着ぐるみの傍らにアシスタントやアテンドと呼ばれる付き添いの人が1人以上は居て、あらゆる緊急事態に備えて監視を行っている(付き添いながら着ぐるみの状態をチェックし着ぐるみで起こりうる様々なアクシデントの対処も同時に行っている、全てでは無いものの着ぐるみ内部に通信用の無線やイヤホン、マイクなどが入っていて直接外部と連絡が取れるものもある)。

DSC_6485

スヌーピーについての紹介

今日はスヌーピーについて紹介しようと思います。
スヌーピー(Snoopy)は、アメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツが1950年から書き始めた漫画『ピーナッツ』に登場するビーグル犬。性別はオス。作品の主人公チャーリー・ブラウン少年の飼い犬である。趣味は変装、スポーツ、小説の執筆など多岐にわたる。生まれた場所はデイジーヒル子犬園で、8匹兄弟の1匹。
スヌーピーは世界的に知られるキャラクターであり、その愛らしさから日本でも人気が高い。日本においては、スヌーピーという名前自体が漫画『ピーナッツ』を指す代名詞となっている。スヌーピーに関する服装、文房具、おもちゃが様々あり、とても人気がある。
スヌーピー着ぐるみも可愛くて、すごく原作に似ている、その着ぐるみを着ると、きっと人々の目を奪うほど目立つだろう。

1777_P_1404277938748

準備はいかがですか?ハロウィンはきた。

ハロウィンはもうすぐだ、仮装は用意できましたか?

欧米などの国だけでなく、日本でもすっかり定着してきたイメージがある行事、ハロウィン。街中やお店のショーウィンドウなどでもジャック・オー・ランタンなどが飾られていますね。子どもといっしょに楽しめる行事というところも人気の理由なのではないでしょうか。各地でイベントもいろいろ開催されるようですが、みなさんはハロウィンの予定はありますか?

ハロウィンの予定について聞いてみたところ、「予定がある」と答えたかたは全体の20%。予定の内容は、「部屋の飾りつけ」「ハロウィンに関する食事をする」「パーティーへ行く」「仮装をする」「テーマパークへ行く」という回答が多く見られました。また、未定と回答された中にも「部屋の飾りつけ」を考えているかたが多く、四季を大事にする日本らしいハロウィンの楽しみ方という印象を受けますね。

飾りつけは、季節を暮らしに取り込むだけでなく、子どもといっしょにかぼちゃをくりぬいたり、画用紙に絵を描くなど、親子で創作を楽しめるというところも魅力的。子どもが行事に興味を持つきっかけにもなりそうですね。

保護者のかたが仮装する場合は何になりたいかも聞いてみたところ、保護者は「魔女・魔法使い」がダントツの1位でした。その他には「フランケンシュタイン」「妖怪」というフリー回答も。とはいえ、子どもには仮装をさせるけど、自分は仮装はしないというかたも多いようです。しかし、ハロウィンに合わせて親子でいつもと違う格好をしてみるのもすてきな思い出になるのでは?

ハロウィンには衣装だけでなく、様々な着ぐるみはも大人気です。ハロウィンの雰囲気を高めるに最適ですよ。

ハロウィンはもうすぐだ。

天気はだんだん涼しくなった。ハロウィンはもうすぐだ。

ハロウィン、あるいは、ハロウィーンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

ハロウィンは西方の祭りだが、最近アジアの国もハロウィンを大事にすることになってきた。ハロウィンには仮装コスプレコスチューム着ぐるみなどの衣装は流行っている。特に不気味な、怖い衣装は一番だ。日本のハロウィンはどうなっているか。ハロウィンのために衣装を準備する人は多いか?

800px-kobe_mosaic17s3072

 

クッキーモンスター

昨日、エルモを紹介しましたが、今日は続いてクッキーモンスターを紹介しようと思います。

クッキーモンスターとは、「セサミストリート」に登場するキャラクターの一つである。

クッキーの誕生日は11月2日。青い体毛と、ちぐはぐな両目がトレードマーク。一番好きな食べ物はクッキーだが、クッキー以外の食べ物も大好物。果ては黒電話やボールペンまで食べだすなど食欲に限りがなく、食べかすを散らす姿はまさにモンスター。他人のものまで食べてしまうこともままあり、それが原因でトラブルやドタバタ劇が引き起こされることも多い。が、そんなところが愛される要因でもあるだろう。

クッキーエルモ、どっちお好きでしょうか。

クッキーとエルモの着ぐるみは揃っている、ふわふわで、可愛かった。購入するなら、こちらのurlまで:http://www.mascotshows.jp/

elmo-of-sesame-street-super-cute-mascot-costume

パンダおめでた?出産準備

パンダ、お好きですか?竹を抱いている姿、ゴロゴロしている姿、本当に可愛かったです。

おしりをふりふり後ろ足を一生懸命動かしている赤ちゃん。ベルギーの動物園で、30日、生まれておよそ2か月のパンダの赤ちゃんが初めて自分の足で前へと体を動かしました。生まれたばかりのころはピンク色のソーセージのような見た目でしたが、今では毛も生えそろい愛くるしい動きで早くも人気を集めています。

また、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは31日、雌のジャイアントパンダ「良浜(らうひん)」が出産準備に入ったと発表した。過去の事例から考えると、実際に妊娠していれば9月中旬~下旬に出産するのではないかという。

ここ数日、良浜は食欲が落ち、睡眠時間が長くなっていたという。こうした行動は出産前のパンダに見られるが、普段通りに戻ることもあり、まだ妊娠が確実とはいえない。施設は31日から良浜の展示を休止した。食欲が落ちた分、体重も少し減ったが、健康状態は良好という。

施設は「新たな命の誕生を願いつつ、見守っていきたい」と話している。

パンダの赤ちゃん、たのしみですね。パンダの着ぐるみは本物のパンダにそっくり、大人気です、幼児園、学校と会社などのイベントに最適です。興味ありの方はご連絡くださいよ。

パンダの着ぐるみ

マラソンでは着ぐるみで応援してもらったもの勝ち??

マラソン大会で着ぐるみを見たことはありますか?マラソン大会で着ぐるみは本当に特別な存在です。今日はマラソンと着ぐるみを紹介し

たいと思います。

マラソンというのはだいぶ過酷な競技です。

フルマラソンに出場すると42.195km走り続けなければなりませんし、ウルトラマラソンに挑戦するとその距離が100kmになります。

どんな聖人君子であっても、いつも笑顔でいられないのがマラソンなのです。

ただ、そんなマラソンにも一筋の光が差し込みます。

それは、

沿道からの応援

です。沿道の方は知り合いじゃなくても応援してくれます。

知り合いがすくないランナーにとってはこの応援は心にしみます。まるで海外旅行中にカツ丼に久出会った感じ。

ちょっとよくわからないことを言ってますが、マラソンと応援の関係についてこれだけは言えます。それは、

沿道からの応援を制するものはマラソンを制す

ということです。

そして、沿道から応援してもらうためには、

着ぐるみ・仮装の技術

がカギを握っているんです。

どんな着ぐるみでマラソン大会で走るかによって応援の絶対量が変化しますからね。

スタイルの良さ?顔の良さ??そんなのはまったく関係ありません。

参加者を応援するために、着ぐるみでマラソン大会に行きましょう!

PS:マラソン大会で沿道からの応援をしてもらうための3つのコスプレ・仮装戦術

①戦術1.超重量系のコスプレでマラソンを走る

②戦術2.かるいコスプレで走って応援してもらう

③コスプレ・仮装ランナーの近くを走る

2週連続No.1獲得で“ズートピア現象”巻き起こる! 異例の動員数122%増

人間のように暮らす動物たちの“楽園”を舞台にしたディズニーの最新作『ズートピア』が、今回発表された2週連続週末興行ランキングで、本作が1位を獲得したことが明らかになった。動員&興行ともに前週比が120%という驚異的な数字を記録。日本中で“ズートピア現象”が巻き起こっているようだ。

動物が人間のように暮らす大都会“ズートピア”。誰もが夢を叶えられる人間も顔負けの超ハイテク文明社会に、史上最大の危機が訪れていた。立ち上がったのは、立派な警察官になることを夢見るもふもふボディのウサギのジュディ。しかし動物にはそれぞれ決められた役割があり、小さくて可愛いウサギは農場で人参作りに従事するのが“ウサギの人生”とされている世界。夢を忘れたサギ師のニックを相棒に、彼女は奇跡を起こすことができるのか――。

GW後の土日で、動員数&興収が前週よりUPするのは、異例中の異例。5月15日時点での累計は、興行収入が3,729,825,900円、動員数は2,921,368人と、50億突破は確実とみられている。50億の大台は、GW映画の洋画として『シンデレラ』(57.3億)以来の快挙。週を追うごとに熱狂的なリピーターも後を絶たず、子どものみならず、客層が確実に大人へも広がっていることが要因となっているよう。

先月23日(土)より公開している本作は、4週目にも関わらず公開週の記録超え! GW明けもまだまだ右肩上がりで勢いが止まらず、まさに『アナと雪の女王』大ヒットと同じ現象となっている。

ズートピア

ズートピア2

着ぐるみの季節

着ぐるみはよく動物植物アニメキャラクターなどをモデルにして作られて、「幸運」をもたらすことができると思われています。町中

ぶらぶらと歩いている時、人出の中でとっさに着ぐるみに出会って、目の前は一瞬輝く気がすると同時に、気持ちもよくなります。「わー、

かわいいー、一緒に写真を撮ろうー」と特に子供と女の子が盛り上がります。 ドナルドダック、くまのプーさん、トトロ…小さいごろからア

ニメを見ることが好きだという人が大勢いるでしょう。また、熊、パンダ、猫、犬などの動物に興味を持つ人も多いです。こういう見た目を

している着ぐるみはどこでも大人気です。学校のイベント、運動会、演出にはよく使われています。男女老若は着ぐるみの魅力に引かれて

雰囲気が盛り上がります。

春は着ぐるみを着る最適な季節!寒くも熱くもないです。

着ぐるみを買いたいですか?着ぐるみを売る店が少ないし、値段も高い、しかも、家まで運ぶにも大変です。

ですから、いい通販サイトを選んで、お気入りの着ぐるみを買いましょう!値段も安い、腕が高い技師が手作りした着ぐるみ、品質保証できます。直接にお宅に配送する。しかも、送料無料!さ、早速ご覧になりましょう!http://www.mascotshows.jp/

嘎巴家族

『王さまの剣』も実写映画化?

実映画シンデレラの大人気はデイズニーが実映画の制作に熱心してるようです。美人と野獣の実映画は2017年3月全米に公開と明らかた。ディズニーがアニメーション映画『王さまの剣』(1963)の実写映画化企画を進めていると The Hollywood Reporter が報じた。

20091115023708

脚本を手掛けるのは、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のブライアン・コグマン。映画『トゥモローランド』のブリガム・テイラーがプロデューサーを務めるという。テイラーは同じくディズニーアニメーション『ジャングル・ブック』の実写映画製作も進めているとのことだ。

『王さまの剣』は、ウォルト・ディズニーが亡くなる前に公開された最後の長編アニメーション映画。アーサー王伝説が題材になっており、ヘクター卿の城で働く少年ワート。ある日、ヘクター卿の息子ケイと狩りに出かけ矢をなくしてしまい、探しに一人で森の中に入る。そこで魔法使いマーリンと出会う。少年ワートが、ワートに王としての資質を見いだした魔法使いマーリンによる修行で鍛えられていくさまが描かれる。

『王さまの剣』のほか、これからもたくさんのデイズニー映画が実化されるでしょう。楽しみしています。

着ぐるみの作り方コスプレなどに興味があるかた、どうぞMascotshowsへご覧くだい。