沖縄特産、田芋のイメキャラ「金武タームくん」初登場

第36回金武町まつりが7月26日、台風のため日程を短縮して開かれた。イメージキャラクター「金武タームくん」の実物が初登場し、こどもたちの人気を集めた。

タームくんは町特産の田芋の妖精という設定。昨年のまつりで名前を発表し、今年は約80万円で制作した着ぐるみを披露した。

この日は早速、鏡開きや「琉神マブヤーショー」に飛び入り参加。町の担当者は「今後、町や物産のPRにも活躍してもらう」と話した。

祭りは25、26の両日の予定だったが、台風12号の接近で25日は中止。普段は2日がかりの会場設営に26日朝から取り組み、午後4時からの開催にこぎ着けた。

仲間一町長は「沖縄一元気な金武町だから開催できた。会場設営はたくさんの人の協力で間に合った」と感謝した。

ステージではライブがあった。5人のチームでダンスを披露した喜瀬武原小4年の外間穂華さんは「動きが合わない時も気持ちを整えて集中すればできる」と笑顔で話した。

chongsheng

『ミニオンズ』魅力的な音楽に迫った特別映像!

謎の生物ミニオンたちが主役になる映画『ミニオンズ』の特別映像が公開になった。ミニオンズの活躍を盛り上げる音楽の魅力に迫った愉快な映像だ。

ミニオンは、バナナが大好きな謎の生物で“最強のボスに仕えること”を目的に地上に現れたが、なかなか彼らが心から心酔できるボスが現れない。そこで、ミニオンズの中からボブ、ケビン、スチュアートが最強のボスを求めて出発。1968年の英国で女悪党・スカーレット・オーバーキルに出会った彼らは彼女をボスにするが、またもや大騒動を巻き起こしてしまう。

ミニオンズは小さな子どもたちから愛されるキャラクターだが、映画はヒネリの効いたストーリーとブラックなギャグ、思わずニヤリとしてしまう選曲など幅広い年齢層を魅了する要素がたっぷりとつまっており、公開後は多くの観客から好評を集めることになりそうだ。

minion

ケームから出た人気のキャラんクター

ケームにあまり興味がないですが、ケームから生み出したキャラクターはきっといくつかが知っていると思います。萌え萌えのケームを見て、ケームに夢中になる人もたくさんいるでしょう。早速、近年大人気のケームキャラクターを見て。

1、おさわり探偵 なめこ

小沢里奈の助手として登場したキャラクター「なめこ」を栽培し収穫するスマートフォン向けゲーム、およびそのシリーズである。本シリーズをきっかけにキャラクターとしての「なめこ」の知名度と人気は上昇した。

なめこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、マリオとルイジ

マリオ (Mario)とルイジ は、任天堂が開発・発売するコンピューターゲームに登場する架空のキャラクター。マリオは身長155cm、短身で小太りの体型をしており、団子鼻で鼻の下に立派なヒゲを蓄えている。茶髪で、瞳の色は青もしくは水色である。通常は赤いシャツに青いオーバーオールを着て、正面に「M」と書かれた赤い帽子と白い軍手を身につけている。双子の弟。マリオに似た外見をしているが、兄のマリオより長身で痩せ型、カイゼル髭、シャツ・帽子が緑でオーバーオールが紺色、帽子のマークが「L」であるといった相違点がある。
マリオ

 

3、ソニック

ソニックは、SEGAが任天堂のマリオに対抗すべく生み出したゲームキャラクターであり、人呼んで「音速ハリネズミ」。ソニック・ザ・ヘッジホッグとは彼のことである。性格は非常に自由であり、何かに縛られることをひどく嫌う。短気でキザっぽいところもあるが、困ってる人を助けずにはいられない。誰とでも、時には宿敵エッグマンとも気兼ねなくつきあい、その魅力的な人柄にみな引かれ、彼の周りには自然と人が集まる。

ソニック

また続く。。。