波瑠『アンパンマン』で声優に初挑戦

1973年に「あんぱんまん」として登場以来、子どもからおとなまで、幅広い年齢層で愛されている「アンパンマン」。正義の心を、「アンパンマン」から初めて学んだという人も多いはず!

その人気は衰えを知らず、最新作となる劇場版第28弾『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』は公開です!

女優、波瑠が2日、アニメ映画「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」の初日舞台あいさつが東京都内で行われ、出席。わがままなお嬢様・ルンダ役で声優に初挑戦し、「とても難しかったけど楽しくお仕事できました」。アンパンマンシリーズで好きなキャラクターを聞かれると、「どんぶりまんトリオの3人が大好きです」と明かした。

おもちゃの星からやって来たわがままなお姫様・ルンダ役で初声優を務めた波瑠。好きなアンパンマンキャラを聞かれ「特に好きなのはどんぶりまんトリオの3人です」と、意外な脇役キャラの名前を挙げた。トリオの「てんどんまん」「カツドンマン」「かまめしどん」のなかで特に誰が好きなのかとの質問には「私、どんぶりまんトリオ全体が好きなんです。個々じゃなく、トリオが好きなんです」と妙な強調。あまりの熱弁ぶりに、会場のちびっこたちも大笑いだった。

アンパンマンバイキンマン、どっちお好きですか?

皆さんも、今年一緒に映画館へ足を運びますか?

アンパンマン着ぐるみ

中川家と戸田恵子、「アンパンマン」の声優を担当!

お笑いコンビ「中川家」と女優、戸田恵子(58)が12日、都内で開かれたアニメ映画「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」(7月2日公開)の完成披露試写会に登壇した。2人はゲスト声優として出演。ロボットのナンダ役の弟・礼二(44)は新キャラクターとして「おばちゃんマン」を提案し、「アメちゃんをあげたりするキャラ。ぜひ私で」とアピールした。

「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」は、原作者の故やなせたかしさんが遺した歌「勇気のルンダ」をモチーフに製作。わがままなルンダが、ナンダとともにアンパンマンワールドに落としてしまった「おもちゃスティック」を探す冒険に出る。戸田は、「これまで以上に大切なものは身近にある、力を合わせて頑張るというテーマで、勇気を与えてくれる作品です」と自信のほどをうかがわせていた。7月2日から全国で公開される。

劇場版第28弾の本作は、あらゆるものをおもちゃに変えられるおもちゃスティックを落としてしまったおもちゃの星のワガママなお姫様ルンダと、アンパンマンたちが繰り広げる冒険を追う。女優の波瑠が、ルンダ役でアニメ声優に初挑戦。ルンダとナンダのキャラクターは、原作者・やなせたかしさんが残し「アンパンマン」のミュージカルショーでも使用される名曲「勇気のルンダ」の歌詞がモチーフとなっている。

mbcr

波瑠、『アンパンマン』で初アニメ声優

映画『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』のアフレコ会見が24日、東京都内で行われ、劇場版アニメ声優初挑戦となる波瑠が出席した。

本作は、おもちゃの星からやって来たゼンマイ仕掛けのお姫様・ルンダと心優しいロボット・ナンダの物語。ひょんなことからばいきんまんの手に渡ってしまった、触れるものをおもちゃに変えることができる“おもちゃスティック”を探す冒険が描かれる。劇場版アニメで初のアフレコ挑戦の波瑠は、ヒロインのルンダ役を担当した。

劇場版アニメの声優は初めて。おもちゃの星からやってきたお姫様・ルンダ役を演じ「アンパンマンは物心がついた時から身近だった作品なのですごくうれしかった。親孝行にもなった」と満面の笑みを見せた。

NHK朝ドラ「あさが来た」以降、日テレ系「世界一難しい恋」(水曜・後10時)でヒロインを務めるなど、一気に多忙な毎日となったが「ご飯食べて寝る時間があれば大丈夫。睡眠も少ないけれど、取れてます」と疲れた様子はなし。以前と変わらず街を出歩いているそうで「普通に歩いてますが、全然気付かれないんです。ブレイクの実感? あまりないです」と自然体だった。

波瑠は「初めてのアニメ声優挑戦。子どものころからずっと見ていたアンパンマンという作品に参加できてとてもうれしい。こんなに自慢できることはないですよね」と喜びを語った。

面包超人

アンパンマンの性格

アンパンマンは大人気のキャラクターだ。今日はアンパンマンの性格について紹介ぢたいと思う。

性格は誰にでも優しくお人好しで、この世界に住んでいる人みんなが好き。その性格上頑固な一面も持っており、特にミュージカル版ではこの性格が強調される事がある。初期は腕白な部分もあったが、現在はかなり落ち着いていて礼儀正しい。優しい性格故に弱い者を庇うが、結果的にそれが甘やかしに繋がってしまう短所もあり、その点はジャムおじさんに指摘されている。

恋愛は、正義の味方であるためか「みんなが好き」という事で、特定の人物だけを好きになったり関係性に優劣をつける事はないが、映画『勇気の花がひらくとき』の作中ではゲストのキララ姫を気にしている様子があり、好意を抱いていたまた映画『すくえ!ココリンと奇跡の星』では、ばいきんまんに強制変身させられたココリンに対し「君は僕の大切な友達だ!」と言った事もある。ばいきんまんを含め特定の誰かを嫌いになったり蔑視したりする事はないが、しらたまさんやドリアン王女などの押しの強い人物から、パトロールやパンの配達を口実に遠ざかろうとする描写はある。

アンパンマンとばいきんまんのたたかいも面白かった。ばいきんまんのほうがすきだという人も多いそうだ。

アンパンマン

アンパンマン派、バイキンマン派?

アンパンマン派、バイキンマン派?

バイキンマンはアンパンマンの宿命のライバル。アンパンマンを倒して世界を黴菌で征服するために、バイキン星から赤ちゃんの時に卵の状態でやってきた黴菌。バイキン城を根城とし、当初は一人暮らしだったが、現在はドキンちゃんや、かびるんるん等の手下と生活している。

意外に多い…「アンパンマン」より「ばいきんまん」の方が好き

自身の顔を分け与える自己犠牲のアンパンマンに対して、ばいきんまんは自己の欲求を満たそうとするはたらきを担っている。人間にも良い心と悪い心の両方がバランスを保って存在しているように、両者は「光と影」「プラスとマイナス」のような関係で片方だけでは存在できなくなっていると言われている。やなせは、ばいきんまんの人気について、「怠けたい、いたずらをしたい等という人間の欲求不満を表現している」「ばいきんまんは時にはいいこともする。悪に徹しきれないところがある」「決してばいきんまんは死ぬことはない。人間が風邪を一度ひいて、またかかるように、やられても平気な顔をして次に出てこられる」等と語っている。

私の場合、両方とも好きだ!

バイキンマン

アンパンマン

ナイツ 子どもたちに“大人の漫才”…アンパンマンのイベントで

お笑いコンビ・ナイツの塙宣之(37)と土屋伸之(36)が22日、都内で、ゲスト声優を務めたアニメ映画「それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ」の大ヒット記念イベントに登場した。

2人はウィキペディアならぬ“脇ペディア”で調べたアンパンマン情報を子供たちにレクシャーする言い間違え漫才を展開。ジャムおじさんを「ジャズおじさん」、クリームパンダちゃんを「ジェロム・レ・バンナ」などとボケる、やや大人向きな内容だったが笑いが起き、塙は「今笑っている子供はものすごくセンスがいい!」と喜んでいた。

映画は4日に公開され、シリーズでは今世紀最高となる週末2日間の興行収入8千511万3700円、動員7万642人を記録、好スタートを切った。

anpanman3

それいけ!アンパンマン ミージャと魔法のランプ

毎年この時期公開が恒例となっている人気アニメーション『アンパンマン』の劇場公開版第27弾。2015年7月4日[1]に公開予定。クリームパンダちゃんとコキンちゃん、拾ったランプから出てきた精霊ミージャの3人が繰り広げる冒険を描く。同時上映作品は『それいけ!アンパンマン リズムでうたおう! アンパンマン夏まつり』。

…A…fi…p…fi…}…fi‡¿‡ç‡µ‡Ì…R…s†[

不思議なランプを拾ったクリームパンダとコキンちゃん。ランプの中から現れたのは、精霊の女の子・ミージャだった。3人は彼女の魔法でランプの世界へ入り込むが、魔法の腕輪が壊れてしまい、元の世界に戻れなくなってしまう。ミージャ達は腕輪を直すため、力を合わせて魔法の泉を目指すが、彼らの前に巨大な敵・お菓子の魔神が立ちはだかる。

人気コンテンツとして安定した集客が見込める『アンパンマン』。女優の井上真央、ますだおかだがゲスト声優として参戦した前作『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』は全国152スクリーンで動員5万9000人の4位と好成績。

本作は約160館での上映。精霊ミージャ役の声優は元AKB48の大島優子。6月14日に行われた完成披露親子試写会では、大島優子が子どもたちの前でマジックを披露するなど、大いに盛り上げた。過去の結果から、5~6万人の集客は外せないところだろう。

733405bdcafd3de6bbfdccf72b720d2d_26598

 

アンパンマン着ぐるみコスプレ衣装に興味がある方、どうぞMascotshowsへ!