TDSに新アトラクション!「ニモ&フレンズ・シーライダー」がオープン!

「ファインディング・ニモ」の主要テーマは、家族の絆と友人との信頼である。並行して海中の多様な生態系や人間が海洋に与えている影響なども描かれている。全般として、家族向けエンターテインメント作品としての色彩が強い。

5月12日(金)に、東京ディズニーシーでは、新アトラクション「ニモ& フレンズ・シーライダー」がグランドオープンする。

この「ニモ&フレンズ・シーライダー」は、ディズニー/ピクサー映画「ファインディング・ニモ」と「ファインディング・ドリー」の世界を舞台に、映像とライドシステムの動きを融合させることにより、映画の海底の世界 を体験できる屋内型アトラクション。

またグランドオープンに先駆け、「ニモ&フレンズ・シーライダー」の 特設サイトを3月23日(木)に開設した。この特設サイトでは、アトラクション情報や、アトラクションに込められた開発者の思い、 さらにグッズやメニュー情報など、最新情報が満載!特設サイトを見て 「ニモ&フレンズ・シーライダー」を一足先に楽しんでみてはいかが。

ニモとドリー着ぐるみは大人気で、幼児園、学校、会社のイベントに最適だ。

QQ截图20170324105010

 

セサミストリートに新キャラクター、来月デビューへ

セサミストリートに新キャラクター、来月デビューへ

人気番組「セサミストリート」に、自閉症を持つ女の子のマペットキャラクター「ジュリア」が新たに登場する。赤毛のジュリアは歌を歌うのが好きで、多くの歌詞を暗記している。

初登場は4月10日。子ども向け教育番組の制作を手掛ける米非営利団体セサミ・ワークショップは20日、自閉症児の家族からこのテーマを取り上げるよう要望があったことを受け、5年にわたって家族や専門家の意見を聞いたと説明した。
番組でジュリアは、ビッグバードエルモなど人気キャラクターと交流するが、ときに過度に興奮したり、手を叩いたりするという。
米疾病対策センター(CDC)によると、米国の子どもの68人に1人が自閉症と診断されており、2000年に比べて119%増加している。
ジュリア役の担当者もジュリアの台本の製作者も、ともに自閉症の家族を持つ。人形担当のステーシー・ゴードンさんは、CBSの番組で「自閉症のない子供にとって、自閉症がどんなふうに見えるかを知っておくのは重要。私の息子の友達が、教室で経験する前にテレビなどで彼のような振る舞いを見ていれば、驚かずに済むかもしれない。叫んでも心配せず、彼が人と違う遊び方をすることや、それでも大丈夫であることを知っていてくれるかもしれない」と語った。
放送開始以来、セサミストリートは幼児に対し、読み書きや数字、色などを教育するとともに、離婚や障害、人種、死などのテーマを採用している。

セサミストリート」は欧米で人気みたいだな。日本ではこの番組を見る人は多いなのか?

エルモとクッキーの着ぐるみを買う人は多いですよ。

QQ截图20170321161753

USJ入場者、3年連続で最多更新 今年度は1390万人突破

オープン16年目を迎えた大阪市のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で17日、2016年度の入場者数が1390万人に達し、年間入場者数の最高記録を3年連続で更新することになった。USJでは14年度に1270万人、15年度に1390万人と最高入場者数を更新していた。達成の瞬間にはエルモスヌーピーミニオンなどの人気キャラクターが入場者とともに、記録達成を祝った。

15周年を迎えたUSJは、フライング・コースター「ザ・フライング・ダイナソー」など新アトラクションやシーズンごとのイベントを展開。また、人気エリアの「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」も引き続き好調で、国内外から集客を増やした。

USJは01年に開園。初年度の入場者数は1100万人を超えたが、2年目は700万人台と大きく落ち込み、低迷が続いていた。10年以降V字回復し、16年10月には、単月で過去最高の175万人を集客。単月のみ東京ディズニーランドを抜くという好成績をたたき出し、勢いづいている。

17年は「やり過ぎ限界突破」をテーマに、さまざまなエンターテインメントが登場予定。「ミニオン」「ハリー・ポッター」といった既存エリアでナイトショーも行う。

QQ截图20170317165546

TDLにイースター限定キャラ“うさたま”初登場

ディズニーリゾートでは、4月4日から春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」が開催される。TDLに今年初登場する限定キャラクターが、“うさたま”だ。「イースターエッグメーカーから生まれたウサギの耳がついた、いたずら好きで好奇心旺盛なヘンテコなタマゴのキャラクター」という。
パークの中に逃げ出した“うさたま”が、あちこちでいたずらをするのだという。発表されたイメージ画像では、ミッキーマウスが手、足、耳がついたタマゴを追いかけて捕まえている様子が描かれている。
先行紹介された“うさたま”誕生ストーリーはこうだ。イースター前のある日、準備をしているミッキーマウスたちのところに、トゥーンタウンから、イースターエッグを作るマシンが届いた。スイッチを入れると、すてきなイースターエッグがたくさん出てくる。「わぁ、かわいい!みんなもきっと喜んでくれるね!」とミニーと喜んでいると、突然、ヘンテコなタマゴが出てきた。ちょこまかと動く手と足、おまけにウサギの耳としっぽまでついた“うさたま”が次から次へと誕生し、パークの中へ逃げ出す。好奇心いっぱいな“うさたま”は、あちらこちらでいたずら。「わぁ、大変だ! 捕まえなきゃ!」とミッキーがゲストに呼びかけるという展開だ。
TDLでは、新パレード「うさたま大脱走!」が公演される。追いかける“うさたまチェイサー”に扮したミッキーやディズニーの仲間たちが、巨大な掃除機や虫取り網などさまざまな方法で“うさたま”を捕まえようと、ヘンテコ楽しいドタバタ大騒動を繰り広げる。ディズニー映画「ズートピア」のジュディ・ホップスとニック・ワイルドもTDLに初登場する。昨年はイースターエッグのデコレーションでこっそり登場していたが、今回は動くキャラクターとして出てくるので人気を集めそうだ。

QQ截图20170314151923

スネ夫 浅田舞に“ゲス質問” お風呂ネタで男の本音ポロリ

3月4日、「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の公開初日舞台あいさつが都内で行われた。壇上にはフィギュアスケーターでタレントの浅田舞(28)、織田信成(29)、お笑いコンビ・サバンナらゲスト声優と、ドラえもんらレギュラーメンバーの着ぐるみが登場。スネ夫(関智一)からはまさかのゲス質問が飛びだした。

トークはレギュラーの声優に合わせて着ぐるみが動きを付けるスタイルで行われた。浅田は、しずかちゃん(かかずゆみ)から美の秘けつを尋ねられ「しずかちゃんと同じで、お風呂に入ることかな」とにっこり。これにスネ夫が「1日何回入るの」と続けた。周囲はざわついたが、浅田は「2回だよ」とサラリと答えた。

意外な好リアクションにスネ夫は「本当はどこから洗うかも聞きたいんだよ」と本音をポロリ。通常のアニメでは考えられない“男”の部分を見せると、ジャイアン(木村昴)が思わず「うぉい、スネ夫!」とツッコんだ。

スネ夫同様にたいこ持ちキャラで、バラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)に「スネ夫にくめない芸人」として登場したこともあるサバンナの高橋茂雄(41)も「スネ夫がゲスに…」とショックを受けていた。

QQ截图20170307115808

ムーミンの着ぐるみバレエ

フィンランド独立100周年記念事業の一環として、東京・渋谷のオーチャードホールで2月27日、フィンランド国立バレエ団が、4月に同会場で開催される公演「たのしいムーミン一家」の踊りの一部を公開。日本人団員の小守麻衣さんが、キャラクター“スノークのおじょうさん”の着ぐるみ姿で軽快なステップを披露し、来場者を魅了した。

”ムーミンバレエ”は、フィンランド出身で、「ムーミン」の原作者トーベ・ヤンソン氏の生誕100周年を記念し、2015年に本国で初上演。名門バレエ団のダンサーが、キャラクターの着ぐるみなどで演技を披露し、話題を呼んだ。

しかし、動きにくく、視界も限られる着ぐるみを着ての踊りは、ダンサーにとってまさに「挑戦」。小守さんは、芸術監督ケネス・グレーヴさんの指導のもと、スノークのおじょうさんの愛らしさを表現しようと工夫を重ねた。「ムーミンという形で(作品に)取っかかりを持ってもらえることはうれしい。バレエと合わさることで、もっと興味を持ってもらえたら」

ムーミンの世界的な大ヒットは、1990年代に日本でアニメ「楽しいムーミン一家」が放送されたことがきっかけだった。今回の公演も、大人のムーミンファンが多い日本の観客向けに制作され、日本で世界初演される。フィンランド駐日大使のユッカ・シウコサーリ氏は「文化的な公演や交流を通じて、両国や人々が気兼ねなく関わり合ってほしい。敷居が高く、形式張ったものである必要はなく、芸術や交流をともに楽しみ人々がつながることが大切」だと話した。独立100周年を記念し、その他40以上のイベントを開催予定だという。

mumin

着ぐるみとは

着ぐるみとは人間の全身を覆う、等身大のぬいぐるみの総称で、怪獣など架空の生物や人間や、擬人化した動物を表現する方法として用いられる。 一般的には遊園地やテーマパーク、企業のキャラクターや商品キャンペーンなどで幼児・子供向けの着ぐるみショー、一緒に写真撮影、風船や商品などを配布する作業を行い顧客サービスに従事している。

代表的なキャラクターはミッキーマウス・ハローキティなど擬人化した動物型、ゴジラなどの怪獣型、ロボットなどの造形が一般的であるが 映画の特殊撮影技術の一つとして、または幼児向け子供番組の登場人物、特殊な演劇的表現として舞台演劇で用いられる。 他にも遊園地・テレビ番組・企業(CMキャラクター)のマスコットキャラクター、アニメ(漫画)の着ぐるみ化、有名人を擬人化した着ぐるみも見られる。 また、自社オリジナルの着ぐるみを製作し、PRイベントに活用する企業も多い。 着ぐるみは日本にとどまらず世界中の企業、イベント、映画、テレビ番組、CM、遊園地等で様々な着ぐるみが活躍している。 以前は着ぐるみを自分で購入するか、着ぐるみを扱う職を探さないと実際に体験する事が難しい状態であったが、今では実際に着ぐるみを着て動いて学べる「着ぐるみ学校」も存在するので着ぐるみを持ってなくても事前に体験する事も可能になっている。

大半の場合は着ぐるみの傍らにアシスタントやアテンドと呼ばれる付き添いの人が1人以上は居て、あらゆる緊急事態に備えて監視を行っている(付き添いながら着ぐるみの状態をチェックし着ぐるみで起こりうる様々なアクシデントの対処も同時に行っている、全てでは無いものの着ぐるみ内部に通信用の無線やイヤホン、マイクなどが入っていて直接外部と連絡が取れるものもある)。

DSC_6485

TDS2年ぶりイースターのミッキー&ミニー衣装公開

東京ディズニーリゾートでは4月4日から、春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」がスタートするが、シーでは2年ぶりの開催となる。ミッキーマウスミニーマウスがTDS「ファッショナブル・イースター」で着用するイースター衣装が27日、公開された。

新しいコスチュームのポイントは、ウサギの耳をモチーフにした素敵な飾りが付いた帽子“イースターバニーボンネット”。この“イースターバニーボンネット”は、ショーに出演するアーティストとディズニーの仲間たちが考えたという。

今回のショーでは、TDSの4つのテーマポート「アメリカンウォーターフロント」「ロストリバーデルタ」「マーメイドラグーン」「ミステリアスアイランド」から集まったディズニーの仲間たちや、アーティスト、ダンサーたちがそれぞれのテーマポートに合わせた華やかなファッションに身を包み、音楽やダンスでファッショナブルなイースターを繰り広げる。ディズニー・イースターはランド(TDL)でも開催され、両パークとも6月14日まで。

ミッキー&ミニー衣装