スマーフの紹介

スマーフは、ベルギーの漫画に登場する架空の種族である。ヨーロッパのどこかの森の中に住んでいるという設定で、青色の肌をした小さな体をしている。

スマーフはほどんとよく似た顔立ちをしている。具体的には男性の姿をしており、ちょうどリンゴ3個分の背丈しかなく、青い肌を持ち、短い尻尾を通すための穴を空けた白いズボンに、白い帽子と、各々を見分けるためのアクセサリーを身に着けている。歩いたり走ったりするほかに、両足で飛び跳ねて移動することもある。好物はサルサパリラという葉である。ちなみにこの葉はとても苦く、人間の口には合わない。

レイジースマーフ(怠け者スマーフ)、グルーチースマーフ(気むずかし屋スマーフ)、ブレイニースマーフ(聡明スマーフ)などの、人間の各典型を満たすメンバーから構成される。スマーフは全員100歳であると言われており、通常は100人いる。この数字は新しいスマーフの登場により増加することもある。

スマーフ着ぐるみは製作完了です。興味ある方はこのurlまで:http://www.mascotshows.jp/category/the-smurfs.html

蓝精灵家族2

雪だるまのオラフはなぜ夏に憧れるのか?

オラフエルサに魔法で作られる雪だるまです。魔法で作られたオラフには、なぜか鼻がありません。オラフに言わせると「ユニコーンみたい」な人参の鼻を作ってオラフを完成させるのはアナでなければなりません。オラフがアナとエルサの愛から創られた存在であることの証です。

幼いアナがエルサに遊びを誘ったとき、数多い雪遊びの中で「雪だるま」に反応したのも興味深いです。雪だるまをつくるときに、一人で作る人はあまりいないでしょう。誰かと一緒に楽しめる雪遊びですし、協力が必要な遊びです。姉妹の幼頃の雪遊びの思い出は、お互いに理解しあう良き友達であったことを伝えてくれます。

表面上はアナから逃げているエルサですが、実は、ドアを開けてアナを迎えたかったエルサの気持ちがオラフとして現れたのではないでしょうか。それでは、オラフのソロ曲、「In summer」を見てみましょう。

オラフはいつも笑顔でエルサとアナに負けない人気を持っています。オラフ着ぐるみは寒い冬に最適です。店の宣伝とイベントにオラフがいるなら、雰囲気が盛り上がります。

オラフ

ダッフィーについて

ディズニーランドへ行くと、ミッキーマウスミニーマウスドナルドナックなどだけでなく、ダッフィーも大人気だ。今日はダッフィーについて紹介したいと思う。

1、ダッフィーの顔の部分がミッキーマウスの顔を意匠化し、丸3つで表した、いわゆるミッキーマークとなっている。また、おしりにもミッキーマーク状の無毛部分がある。さらに、販売されているぬいぐるみの足の肉球部分にもミッキーマークが存在するが、キャラクターグリーティングなどで出てくるダッフィーには存在しない。

2、ディズニーベアの由来

この時のディズニーベアの由来は、次のように説明されている。

ミッキーマウスには、お気に入りのテディベアのぬいぐるみがあった。

ミッキーは、このテディベアといっしょに歩けたらどんなに楽しいだろうと思った。

そこへティンカー・ベルが現れ、妖精の粉をテディベアにふりかけた。

すると妖精の粉の魔力でテディベアが動きだした。

ミッキーは嬉しくて、テディベアを抱きしめた。

テディベアの顔がミッキーマークになった。

ダッフィーの着ぐるみは子供の中での人気はかなり高い、幼児園と学校のイベントに最適だ。

ダッフィー

「アナ雪」姉妹に弟の存在が判明!ターザンだった!?

映画『アナと雪の女王』の姉妹エルサアナの弟、それはなんとターザン!

こ、これは、まさかの展開だ…。

2014年に世界中で爆発的ヒットとなったディズニーアニメ「アナと雪の女王」の主人公エルサアナ姉妹には弟がいたことが判明した――。しかも、その弟とはなんと!あのターザンだったというから仰天だ。

ジェニファーによるとエルサとアナの両親であるアレンデール王国の王と妃は航海中に遭難、ジャングルの島に流れ着いたそう。ジェニファー曰く「妃はそこで男の子を生んだの」。つまりそれがターザンでアナたちの弟というわけ! なんだか適当なアドリブに聞こえるけれど、クリスは1999年の映画『ターザン』の監督で、彼の頭の中では『ターザン』と『アナ雪』はずっと繋がっていたという。クリスは「王と妃はツリーハウスを作って住んでいたんだけれど、ヒョウに食べられてしまうんだ」と衝撃的な裏話も披露!

ショックだった。。。

%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%81%a8%e9%9b%aa%e3%81%ae%e5%a5%b3%e7%8e%8b

「ミニオンズ」のあらすじ

今日は「ミニオン」のあらすじを紹介したいと思います。

人類誕生以前から存在するミニオンたちは、最強最悪の主に仕えることを生きがいとし、地球史の中でティラノサウルス、原始人、エジプトのファラオ、吸血鬼、ナポレオンといった様々な悪党に仕えてきた。だがミニオンたちの主となった者は皆、彼らが起こしたアクシデントに巻き込まれ、ことごとく死んでしまっていた。仕えるべき主を失った彼らは氷の洞窟内に居場所を移し、新しい生活を始めようとするものの、主のいない生活にやる気をなくしていた。

1968年、こうした状況を改善すべく立ち上がったケビンは、仲間のスチュアートとボブとともに、新たなる主を求めて旅立ち、ニューヨーク市へたどり着く。そこで彼らは、フロリダ州オーランドで“大悪党大会”が開かれていることを知って会場へ向かい、大悪党スカーレット・オーバーキルと出会う。ケビンたちをイギリスのロンドンへと連れてきた彼女は、彼らにエリザベス女王から王冠を盗んでくるよう指示を与える。彼女は王冠を手に入れることにより、自分がイギリスの君主となることを目論んでいたのだった。

早速ケビンたちはスカーレットの指示通り王冠を盗もうとするが、その際ボブが偶然伝説の剣エクスカリバーを引き抜いてしまい、ボブはイギリスの国法に従い、新しいイギリスの君主として即位してしまう。これを知ったスカーレットは、ケビンたちが裏切ったと思い込み…。

ミニオン着ぐるみははイベントと客集まりに役に立つ。安くて品質保証!

%e5%b0%8f%e9%bb%84%e4%ba%ba