パンダの「ポー」

アニメ映画「カンフーパンダ」を見ましたか。

主人公「ポー」は太っているパンダだ。実家はラーメン屋。カンフーおたくと呼べるほどのカンフー好きで、知識はかなりのものだが、実際のカンフーは一度もやったことが無い。ひょんなことでウーグウェイ導師に「龍の戦士」に任命されてしまい、シーフー老師の元で修行をすることに。マスター・ファイブよりずば抜けているのは、ラーメン作りと食い意地。アニメシリーズでは練習を怠けるエピソードが多く、めんどくさがりな性格だともいえる。

パンダは萌え萌えて可愛くてみんなに愛されています。パンダ着ぐるみはいつでもどこでも大人気で、会社、幼児園と学校などのイベントに最適だ。

パンダ着ぐるみ

「ディズニー」2017年の主役はドナデジ!?

2017年1月1日(日)~1月5日(木)の5日間、東京ディズニーランドでは、華やかな和服姿のミッキーマウスミニーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、お正月ならではの飾り付けを施した「リマウジン2」などに乗って、にぎやかに新年の始まりをお祝いする「ニューイヤーズ・グリーティング」を公演する。また、2017年の“酉”にちなみ、そのキャラクターであるドナルドダックデイジーダックが、新たなコスチュームを身にまとって登場する予定。新デザインも楽しみ!

また、東京ディズニーシーでも、メディテレーニアンハーバーを舞台に「ニューイヤーズ・グリーティング」を実施。和服姿のミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、2017年の装飾が付いた船に乗って現れて、ゲストに新年のあいさつをする予定だ。

そして、東京ディズニーランドではワールドバザールの入口に、東京ディズニーシーではミラコスタ通りの入口に、酉年にちなみ、ドナルドダックの飾りつけを施した門松を設置するほか、スペシャルグッズやスペシャルメニューの数々も登場する予定だ。

disini

ケアベア

ケアベアについてあなたは知っていますか?今日はケアベアについて紹介したいと思います。

ケアベアは普段は「Care-a-Lot」(ケア・ア・ロット)という雲の上の国に住んでいて、子供たちが安心して成長出来るように見守っている。一人ひとり違った使命を帯びており、子供たちが大切な心を忘れた時には「ケア」(Care)しにやってくる。

日本でも有名な「チアベア」、現在36種類のケアベアが発売されたが生産中止でレアになっているものも多い。日本をテーマにした「スイートサクラベア」も作られ、日本での人気ぶりをうかがい知ることが出来る。

いま6種類のケアベア着ぐるみが出来上がりました。色は鮮やかで、すごく可愛かったですよ。

日本站banner5

 

 

【知ってた?】『くまのプーさん』の名前が「プー」な理由

くまのプーさん』の可愛らしいキャラクターは人気を博し世界中で愛されている。

さて、そんな愛くるしいプーさんだが、なぜ、名前が ‟プー” なのかご存知だろうか!? その名前に隠された秘話が、なんとも、ほのぼのとしていてハートウォーミングなので、紹介してみたいと思う。

・プーさんの名前は、最初 ‟エドワード” だった!

『くまのプーさん』は、英自童小説家アレン・アレクサンダー・ミルンが、1900年代前半に出版した作品がもととなっていて、英語のタイトルは「Winnie the Pooh:ウィニー・ザ・プー」である。

もともとプーさんは、ミルンが出版した童謡集『ぼくたちがとてもちいさかったころ』に登場し、同作では、‟エドワード・ザ・ベア” との名前で描かれている。エドワードは、ミルンの息子クリストファーが持っていたぬいぐるみがモデルになったとのことで、最初プーさんの名前はエドワードだったのである。

・ウィニーもプーも実在する動物に付けられた名前

まずは、‟ウィニー” の由来だが、ミルンがクリストファーを連れてロンドン動物園を訪れた際、ウィニーと名付けられたクマを目にし、そこからヒントを得て命名したのだという。ちなみに、動物園のウィニーは、カナダの都市ウィニペグから名前が取られている。

そして、お次は ‟プー” の名前に隠された秘話だが、本来プーとは、ミルン親子が頻繁に訪れていた、公園の白鳥に付けられた名前だったのだ。この白鳥も、『ぼくたちがとてもちいさかったころ』に、プーという名で登場している。

・ピグレットやティガーもぬいぐるみがモデルに

その後、‟ウィニー” と ‟プー” が合体し、「ウィニー・ザ・プー」という名前が誕生したという訳だ。小説の中では、ウィニーが鼻にとまったハエを、「プー!」と言って口で吹き飛ばさなければならなかったため、みんなからプーと呼ばれるようになったと描かれている。

くまのプーさん』に登場する他のキャラクター、ピグレットティガーも、クリストファーが持っていたぬいぐるみがモデルとなったそうだ。

くまのプーさんの着ぐるみはいつでもどこでも大人気だ。幼児園、学校、会社の異イベントで最適だ。

winnie1

クリスマスと着ぐるみ

クリスマスはもうすぐだ。街中の店は飾りを始めました。クリスマスを楽しみにしていますか?

クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う祭。12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う。キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。なお、キリスト教で最も重要な祭りと位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である。

いまのクリスマスはロマンチックな雰囲気で幸せな気持ちになります。サンタクローストラカイ、とクリスマスツリー、そしていま大人気の着ぐるみ!やはり楽しみにしていますね。

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9

サンタクロースの余談

クリスマスはもうすぐだ。今日はサンタクロースの余談について紹介しようと思います。

1、サンタの謎

サンタは一人しか存在しないと言われているが、たった一夜で全世界の人にプレゼントを配るのは不可能に近い。その為、サンタは全世界に複数人存在すると考えられる。

そう、あなたの側にもきっと…

2、ブラックサンタ

サンタは二種類存在するといわれている。一人は前述の真紅のサンタ。そしてもう一人は漆黒の衣装を身に纏うブラックサンタ(クネヒト・ループレヒト)である。

ブラックサンタは「悪い子はいねぇかぁ~」と言いながら徘徊し悪い子のいる家を探す。そして悪い子にプレゼントではなく厳しい仕置きを行ったり、石炭などをプレゼントして去っていくと言われている。

サンタの他、シャープス&クランプスというお供がお仕置きをするという地方もある。

ハイチではトントン・マクート(麻袋おじさん)と呼ばれ、悪い子を麻袋に詰めて連れ去ってゆく。

3、エルフ

上記のサンタの謎への解答になるが、クリスマスのサンタの仕事を妖精エルフ達が手伝っているとされる。(クリスマスエルフ)

彼らは小さな子供のような姿で緑の衣装を着てプレゼント工場でおもちゃを作り梱包作業を行っているとされる。

日本ではあまり馴染みがないかもしれないが洋ゲーのクリスマスイベントなどに登場するのも見て知った人も多いかもしれない。

今年のクリスマスは何をするつもりですか。出かけましょうか。

クリスマスの雰囲気を高めるに着ぐるみは最適だ。

2016%e5%9c%a3%e8%af%9e%e8%8a%82banner