準備はいかがですか?ハロウィンはきた。

ハロウィンはもうすぐだ、仮装は用意できましたか?

欧米などの国だけでなく、日本でもすっかり定着してきたイメージがある行事、ハロウィン。街中やお店のショーウィンドウなどでもジャック・オー・ランタンなどが飾られていますね。子どもといっしょに楽しめる行事というところも人気の理由なのではないでしょうか。各地でイベントもいろいろ開催されるようですが、みなさんはハロウィンの予定はありますか?

ハロウィンの予定について聞いてみたところ、「予定がある」と答えたかたは全体の20%。予定の内容は、「部屋の飾りつけ」「ハロウィンに関する食事をする」「パーティーへ行く」「仮装をする」「テーマパークへ行く」という回答が多く見られました。また、未定と回答された中にも「部屋の飾りつけ」を考えているかたが多く、四季を大事にする日本らしいハロウィンの楽しみ方という印象を受けますね。

飾りつけは、季節を暮らしに取り込むだけでなく、子どもといっしょにかぼちゃをくりぬいたり、画用紙に絵を描くなど、親子で創作を楽しめるというところも魅力的。子どもが行事に興味を持つきっかけにもなりそうですね。

保護者のかたが仮装する場合は何になりたいかも聞いてみたところ、保護者は「魔女・魔法使い」がダントツの1位でした。その他には「フランケンシュタイン」「妖怪」というフリー回答も。とはいえ、子どもには仮装をさせるけど、自分は仮装はしないというかたも多いようです。しかし、ハロウィンに合わせて親子でいつもと違う格好をしてみるのもすてきな思い出になるのでは?

ハロウィンには衣装だけでなく、様々な着ぐるみはも大人気です。ハロウィンの雰囲気を高めるに最適ですよ。

来春、USJに世界最大のミニオン・パーク

10月19日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は来年にオープン予定の世界最大のミニオン・エリアの名称が「ミニオン・パーク」に決定したことを発表した。

ミニオン・パーク」と名付けられた新エリアは、今年運営が終了した「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」跡地を含むエリアに誕生。直径20mを超える巨大ナノシーム・ドームスクリーンに高性能レーザープロジェクションシステムを使って投影した色鮮やかな映像とライドの動きがぴったりシンクロするアトラクション「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」をはじめ、その周辺には、ミニオンたちが乗っ取ったトイストア、お菓子製造工場、ミニオンたちが独自に開発したゲームなど、さまざまな施設が立ち並ぶという。

ミニオン・パーク」は、来年前半にオープン予定。

「ミニオン」は、映画『怪盗グルーの月泥棒』などに登場する謎の生物。

ミニオン着ぐるみは幼児園、学校と会社のイベントに最適だ。

%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b3

ハロウィンはもうすぐだ。

天気はだんだん涼しくなった。ハロウィンはもうすぐだ。

ハロウィン、あるいは、ハロウィーンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

ハロウィンは西方の祭りだが、最近アジアの国もハロウィンを大事にすることになってきた。ハロウィンには仮装コスプレコスチューム着ぐるみなどの衣装は流行っている。特に不気味な、怖い衣装は一番だ。日本のハロウィンはどうなっているか。ハロウィンのために衣装を準備する人は多いか?

800px-kobe_mosaic17s3072

 

オラフが好きだ

秋だ、天気もだんだん涼しくなった。もうすぐ冬だ。冬と言ったら、雪だるまを思い出す、雪だるまと言ったら、オラフは一番有名なのだ。

オラフはディズニー映画「アナと雪の女王」から出ているキャラクターだ。アナが旅の途中で出会う、夏に憧れる不思議な雪だるま。エルサが王国から逃げる途中、秘密の力を使って作り出したもので、幼いころアナと一緒に遊んだ幸せな思い出がつまっている。無邪気で人懐こく、ハグが大好き。雪だるまなのにあたたかい太陽のもとで過ごすことを夢見ている。離ればなれになった姉妹をつなぐ大切な存在。

%e3%82%aa%e3%83%a9%e3%83%95

オラフは面白いキャラクターで、子供の中で大人気だ。オラフ着ぐるみは幼児園、学校、会社などのイベントに最適だ。

クッキーモンスター

昨日、エルモを紹介しましたが、今日は続いてクッキーモンスターを紹介しようと思います。

クッキーモンスターとは、「セサミストリート」に登場するキャラクターの一つである。

クッキーの誕生日は11月2日。青い体毛と、ちぐはぐな両目がトレードマーク。一番好きな食べ物はクッキーだが、クッキー以外の食べ物も大好物。果ては黒電話やボールペンまで食べだすなど食欲に限りがなく、食べかすを散らす姿はまさにモンスター。他人のものまで食べてしまうこともままあり、それが原因でトラブルやドタバタ劇が引き起こされることも多い。が、そんなところが愛される要因でもあるだろう。

クッキーエルモ、どっちお好きでしょうか。

クッキーとエルモの着ぐるみは揃っている、ふわふわで、可愛かった。購入するなら、こちらのurlまで:http://www.mascotshows.jp/

elmo-of-sesame-street-super-cute-mascot-costume

エルモの紹介

この前はミニオンミッキードナルドダックなどのキャラクターを紹介したが、今度はエルモを紹介しようと思います。

エルモ(Elmo)はテレビ番組『セサミストリート』に登場するモンスターの一つである。

同作の看板キャラクターであり、ミッキーマウス、ピングーに並ぶ世界的に愛されているキャラクターの一つ。

1972年頃に初登場した。1984年から2012年までマペティア(人形操者)はケビン・クラッシュ。マイクで声を変えることなく、ファルセットにより地声と非常に異なるかん高い声を出している。

体毛は真紅で大きな鼻を持っている。非常に好奇心が強く純粋で、大人を質問攻めにする事もある。その純粋さ故か時として常識ではありえない勘違いをし周囲を困惑させることもある。幼い子供がするように自分を”I”ではなく”Elmo”と話すなど、必ずしも文法上正しくない話し方をするため、本国では”子供が間違った英語を覚えてしまう”という批判・困惑も寄せられている。

エルモ着ぐるみは色真っ赤、ふわふわで、可愛くて、子供の中で大人気だ。もうすぐハロウィンだ、幼児園、学校、会社などのイベントに着ぐるみは最適だ。

hmyg

ミニオンズの名前、激似キャラたちを見分ける方法を紹介

ミッキーマウスドナルドダックスヌーピー以外、憎めない黄色い顔のキャラクターも有名になった。それはミニオンズだ。

強烈なインパクトを残す、黄色い宇宙人のようなミニオンたちですが、姿形はほとんどみんな同じ。なにより大勢いすぎて誰が誰だか分からない、というのが欠点かもしれません。しかし作り手はしっかりそれぞれの登場人物に細かい個性を持たせています。みんな同じに見えた、という人もこの機会にミニオンズたちの名前を覚えておきましょう。

「ミニオンズ」はアニメ映画史上「アナと雪の女王」に続いて2位の興行成績を残すなど大ヒット作品となりました。今後シリーズ化される可能性も十分にありそうです。

しかしながら肝心なキャラクターたちの区別がつかない、という人がほとんどじゃないでしょうか。そこで今回はその見分け方を紹介します。

%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b31 %e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b32 %e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b33 %e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b34 %e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b35 %e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b36 %e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b37

PS:様々なミニオン着ぐるみがありますよ。ご遠慮なくお問い合わせください:service@mascotshows.jp