着ぐるみの季節

着ぐるみはよく動物植物アニメキャラクターなどをモデルにして作られて、「幸運」をもたらすことができると思われています。町中

ぶらぶらと歩いている時、人出の中でとっさに着ぐるみに出会って、目の前は一瞬輝く気がすると同時に、気持ちもよくなります。「わー、

かわいいー、一緒に写真を撮ろうー」と特に子供と女の子が盛り上がります。 ドナルドダック、くまのプーさん、トトロ…小さいごろからア

ニメを見ることが好きだという人が大勢いるでしょう。また、熊、パンダ、猫、犬などの動物に興味を持つ人も多いです。こういう見た目を

している着ぐるみはどこでも大人気です。学校のイベント、運動会、演出にはよく使われています。男女老若は着ぐるみの魅力に引かれて

雰囲気が盛り上がります。

春は着ぐるみを着る最適な季節!寒くも熱くもないです。

着ぐるみを買いたいですか?着ぐるみを売る店が少ないし、値段も高い、しかも、家まで運ぶにも大変です。

ですから、いい通販サイトを選んで、お気入りの着ぐるみを買いましょう!値段も安い、腕が高い技師が手作りした着ぐるみ、品質保証できます。直接にお宅に配送する。しかも、送料無料!さ、早速ご覧になりましょう!http://www.mascotshows.jp/

嘎巴家族

「新・のび太の日本誕生」舞台挨拶、ドラえもん登場

2月21日、小島よしおが、東京国際フォーラムで行われた「映画ドラえもん新・のび太の日本誕生」の完成披露試写会に出席した。

上映会前には舞台挨拶も行われ、ドラえもんをはじめとするキャラクターたちの着ぐるみが登場。5人が挨拶をしていると会場に音楽が流れ、映画の応援団「ウンタカ!ドラドラ団」に起用された小島よしお、棚橋弘至、真壁刀義、キッズモデルのエヴァちゃんの4人と、ツチダマの着ぐるみが登壇した。

真壁が「おい、『ウンタカダンス』知ってるか?おまえたち、踊ってみたい頃だろ?」と問いかけると、会場の子供たちからは大歓声が。ドラえもんが「ちょっと、今日は皆さん、映画を観に来たんでしょ?」と止めるも、小島が「映画を観に来た?……そんなの関係ねえ!そんなの関係ねえ!はい、おっぱっぴー!」と煽り、そのまま会場の全員で一緒に「ウンタカダンス」を踊った。

1989年公開の「のび太の日本誕生」は、映画ドラえもんシリーズ歴代1位の動員数420万人を誇る人気作。「新・のび太の日本誕生」では、監督・脚本を「映画ドラえもん新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~」の八鍬新之介が手がけ、名作を生まれ変わらせる。映画は3月5日より全国ロードショー。

duolaam

田中メカ原作のドラマ「お迎えデス。」堤円は福士蒼汰、阿熊幸は土屋太鳳

昨日、田中メカ「お迎えです。」を原作としたテレビドラマのキャストが公開された。体を霊に貸すことができる特異体質の堤円役は、日本テレビ初主演の福士蒼汰。阿熊幸役は土屋太鳳が演じるということが分った。

ドラマのタイトルは「お迎えデス。」です。日本テレビにて4月より、毎週土曜21時に放送される。田中は「キャストの名前をお聞きしたとき口が縦に開きました。今をときめくおふたりにメインを張っていただけて光栄です……!」とコメントを発表した。

「お迎えです。」は1999年から2002年にかけてLaLa(白泉社)で連載された作品。主人公の円がナベシマ、ゆずこ、幸ら賑やかな面々とともに、この世に未練を残した霊を成仏させる会社「GSG(極楽送迎)」で働く姿が描かれている。

福士蒼汰は格好いい、土屋太鳳もかわいい、たのしみにしている。

兔子

左から福士蒼汰演じる堤円、ウサギの着ぐるみを着た死神、土屋太鳳演じる阿熊幸。

ていうか、なぜ死神はウサギの着ぐるみを着ているの?でも、このピンクのウサギの着ぐるみはかわいいなぁ。。。着ぐるみについてもっと知りたいなら、このサイトで:http://www.mascotshows.jp/

「カンフー・パンダ3」首位をキープ

舞台は古代の中国。安住の地で知られる平和の谷が凶悪なカンフー使い、タイ・ランに狙われてしまう。しかし彼に対抗できるのはウーグウェイ導師が選んだ伝説の「龍の戦士」だけだ。

そこでマスター・モンキーやマスター・カマキリといったカンフーの達人たちが選抜大会で腕を競うが、ウーグウェイ導師が選んだのは何とぐうたらで小心者のパンダ、ポー。カンフーへの熱意だけは人一倍のポーは達人の師匠・シーフー老師に弟子入りする。

xiongmao

週末の北米映画興行収入ランキングは、人気アニメシリーズ最新作でドリームワークス製作の「カンフー・パンダ3」が2100万ドル(約24.6億円)で、2週連続で首位となった。

公開2週目となる同アニメ作品の国内累計興収は6900万ドルとなった。

中国市場で大人気を博しているとロサンゼルス・タイムズ紙が報じている。

写真は1月撮影で、登場キャラクターのポーと声を担当するジャック・ブラックとカンフー・パンダの着ぐるみ

xm2

体が抜けない 中国でパンダが檻の間に挟まる

かわいそうなパンダ

パンダがじゃれあっているのではありません。

中国・四川省で飼育されているジャイアントパンダは、檻の隙間をくぐり抜けて隣の飼育室に遊びに行くのが大好き。しかしこの日、檻をくぐりぬけようとしたところ、体が抜けなくなってしまった。

仲間のパンダが駆けつける中、気づいた飼育員が、後ろから引っ張ったが失敗。

およそ10分に及ぶ格闘のすえ、飼育員が、今度は前に引っ張り出して、ようやく自由の身になった。

みんなが愛するパンダちゃん、いつもゴロゴロして、可愛すぎる。パンダの着ぐるみも大人気!