クリスマス着ぐるみ

クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う祭。12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う。キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、およびこれらを引き継いだ教会暦では日没を一日の境目としているので、クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。なお、キリスト教で最も重要な祭りと位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である。クリスマスにはやっぱりクリスマス着ぐるみ

金鹿 小鹿斑比 圣诞老人

スマーフェットについて

スマーフェットは唯一の女性のスマーフ。他の男性のスマーフより繊細である。魔法使いガーガメルにより、わがままで硬い黒髪を持つスマーフとして作られた。パパスマーフの呪文により、白いドレスとハイヒールに、長く波打った金髪を持つ姿に生まれ変わった。

ベビースマーフ – コウノトリによってスマーフ村に持ち込まれた赤ん坊スマーフ。スマーフ村の人口を101人に増加させた。

蓝精灵妹妹2

雪だるまを作ろう!

夏が終わり、秋も過ごし、冬はもうすぐだ。冬と言えば、やっぱり雪が一番楽しむことだ。日本の「雪女」のストーリを聞いたことがある。別に怖いと思わない、ただ不思議だと思っていた。冬になると、友達と雪で喧嘩したり、雪だるまを作ったりする。

雪だるまとは、雪を固めて作られる「だるま」のような形をした雪像。さらさらした雪ではなく、多少水分を含んだ雪が適している。雪だるまの作り方は、まず手のひらで小さな雪玉を作り、その雪玉を平地の固まっていない雪の上でコロコロと転がす。まんべんなく雪が付くように転がすと、どんどん雪玉は大きくなるので、程よい大きさの雪玉を二つ作り、それを上下に重ねて飾ると完成となる。全体の大きさは最後に決定される。大きさを競い合うことも多々ある。冬の風物詩として雪国の子供達に親しまれる雪だるま作りだ。

アニメ映画「アナと雪の女王」に出ていた雪だるまオラフはすごく人気があるんだ。冬になると、オラフの雪だるまを作ろう!

黑雪人1 雪人2版3

前田敦子 舞台上空から映画イベントに 1人で上にいて寂し…

前田敦子が17日、都内で行われた映画「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS」のジャパン・スペシャル・イベントに、日本語版の声優を務めた鈴木福、芦田愛菜ら人気子役たちと登場した。

同作のスペシャル・アンバサダーを務める前田は、ステージ上空からゴンドラに乗って登場。「毎日、スヌーピーと暮らしているぐらい大好き。ファンとして来られて光栄です」とスヌーピーの着ぐるみとハグするなど興奮した表情を浮かべた。

出番までゴンドラに乗って待機していたとあって、「ずっと1人で上にいたので、降りてこられてホッとしました」と笑わせていた。

イベントの最後には、日本版エンディング曲を担当した歌手の絢香も登場し、同作のために書き下ろしたオリジナル曲「A Song For You」を初披露。「すごく私にとっても思い入れの強い曲なので、歌えてうれしかった」と笑顔を見せた。

snoopy

亀梨「平成の鼠小僧」でドラマ主演、「あなたの土曜夜9時をいただきます」

KAT―TUNの亀梨和也(29)が来年1月期の日本テレビ系連続ドラマ「怪盗 山猫」(土曜・後9時)で初めて怪盗役で主演することが15日、分かった。指名手配された大胆不敵な世紀の大怪盗・山猫役の亀梨は「来年1月 あなたの土曜夜9時をいただきます」と直筆で、視聴者をくぎ付けにすることを予告した。

神出鬼没の山猫は、夜の都会のビル屋上からワイヤを発射すると月に向かってあいさつし、ビルからビルへ大滑空。鮮やかに大量のカネを盗み出すと、盗みの対象の悪事を暴いた証拠を残し、追う警察をあざ笑いながら姿を消す。亀梨は「弱者からは盗まない。平成の鼠(ねずみ)小僧ですね。キャラクターも含めて魅力のある作品。非常に面白いドラマになると思います」ときっぱり。

 

撮影はこれからで、一見ふざけたようにもみえる謎めいた男だけに「つかみどころのないキャラクターにしようと思う。例えば、スーツをビシッと決めたかと思えば、着ぐるみで盗んでいる時もあるかも」。服装や髪形のビジュアルや盗みのアイテムなど細かな設定までスタッフと一緒に現在アイデアを練っている。

原作は、シリーズ3巻で累計発行部数50万部の神永学氏によるミステリー「怪盗探偵山猫」。初の映像化で、アクションとコメディー要素のある痛快エンターテインメントを届けるつもりだ。

 

クリスマスミッキーとミニー着ぐるみ

新しいミッキーミニーマウス着ぐるみができました。期待以上に可愛かったです。赤い服を着ているミッキーとミニーマウスはクリスマスに最適です!特にミニーのドレスは本当に奇麗でした。衣装もいい生地で作られ、質はよかったです。着やすくて、触りもいいです。品質保証!かなりお勧めです。

会社の同僚と着ぐるみを着て写真を撮りました。どっちが私ですか?当たってみましょう!

圣诞米奇 圣诞米妮

 

水樹奈々が地元のゆるキャラ激励「絶対にてっぺん」

声優で歌手の水樹奈々が6日、都内で「ゆるキャラグランプリ」1位を目指す、地元愛媛のみきゃんを激励し、いつもは声を出さない、みきゃんのアテレコを行った。

11年11月11日に誕生した、みきゃんのアテレコを行ったのは、水樹が初めて。水樹は「みんな、こんにちは! ゆるキャラグランプリの、てっぺん目指して頑張っとるけん、応援よろしく頼むけん、頼むけんねぇ!!」とノリノリで演じた。

ところが、今年10月17日に新たに誕生した、みきゃんのライバル「ダークみきゃん」がこの日、初めて上京。みきゃんを攻撃すると、水樹は「助けてぇ~! きゃん、きゃん!!」などと迫真の演技を披露。みきゃんが愛媛県職員に助けられると、安堵(あんど)の表情を見せた。

さらに、ダークみきゃんの声をアテレコした、中村時広知事の演技を「さすがですね」と絶賛した。

ダークみきゃんは、5年前に作った、みきゃんの着ぐるみが老朽化し廃棄処分寸前のところを、ペンキなどを塗って手作りで再利用して作ったという。現在、動画投稿サイトYouTubeで流している動画込みで、総制作費は1万3051円と聞き、水樹は「すばらしいです。手作りとは思えない着ぐるみです」と笑みを浮かべた。

「ゆるキャラグランプリ2015」は、21日から23日まで浜松市の渚園特設会場で決選投票が行われる。投票が現在も受け付けており、昨年3位のみきゃんは首位を走っている。水樹は「絶対にてっぺんを目指して、一緒に頑張りましょう。頑張れ、みきゃん!!」とエールを送った。

nana