ロマンチック!中国人男性、「ベイマックス」に扮して街角でプロポーズ

ロマンチック!「今日は私たちが知り合って1年目の日だ。この特別な日に君に言いたい。結婚してくれませんか?」―空気で膨らんだ「ベイマックス」が恋人にプロポーズする姿が見られた。

どうしてベイマックスに扮したの?いまベイマックスはすごい人気があるだけではなく、たぶんベイマックスは暖かそうな感じがするからだ。ベイマックス着ぐるみでプロポーズするには特別で、最高なのだ。きっと彼女の忘れられない思い出になる。

11

オラフの紹介

今年一番人気の映画は「アナと雪の女王」に間違いないでしょう。アナエルサ。。。あなた一番好きなキャラクターは誰なのか?私にしては、一番かわいいキャラクターは雪だるまのオラフと思う。

オラフは国を真冬に変えたまま行方知れずになってしまった女王エルサを捜して山にやって来た妹・アナが、旅の途中で出会う生きた雪だるま。

陽気で純粋でハグが大好き。

熱なんてものは全く知らないのに、なぜだか夏に強く憧れている。

王国を飛び出したエルサが魔法で気まぐれに作ったものだが、元になっているのは幼少期の彼女がアナのために作った、同じ名前の雪だるま。

姉妹が大の仲良しだった頃の象徴でもあり、オラフの中には愛しか詰まっていない。

主に3つの雪玉で出来ていて、シンプルな作りのせいかかなり打たれ強い。

アナにもらったニンジンの鼻がお気に入り。

無邪気さゆえのおかしな言動は観客、とりわけ子供たちに大人気。

オラフは可愛くて、主役よりも人気ある!オラフ着ぐるみも大人気!

黑雪人1

ケアベアについて

ケアベア着ぐるみの写真を見つかりました。ケアベアについてあなたは知っていますか?ちょっと紹介させていただきます。

ケアベアは普段は「Care-a-Lot」(ケア・ア・ロット)という雲の上の国に住んでいて、子供たちが安心して成長出来るように見守っている。一人ひとり違った使命を帯びており、子供たちが大切な心を忘れた時には「ケア」(Care)しにやってくる。

日本でも有名な「チアベア」、現在36種類のケアベアが発売されたが生産中止でレアになっているものも多い。日本をテーマにした「スイートサクラベア」も作られ、日本での人気ぶりをうかがい知ることが出来る。

いま6種類にケアベア着ぐるみが出来上がりました。すごく可愛かったですよ。

爱心熊 四色

 

 

 

参加者全員ミニオンに変身、全国6都市でランイベント

ユニバーサル・スタジオ初となる参加型スポーツイベント、その名も『ミニオンズランフェス – Funrun & Music Festival -』(バラエティクラブジャパン主催)が全国主要都市(北海道、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄)で開催されることに。

『怪盗グルー』シリーズでおなじみ、日本でも大人気のバナナが好物の謎の生物・ミニオン。今回のランイベントでは、参加特典としてミニオンの衣裳を全員に進呈。それを着て、コース上に設置されたアトラクションや撮影コーナー、音楽を楽しみながらゴールを目指すというもの。ゴール後にはアーティストやダンサー、DJらのパフォーマンスで盛り上げるパーティーもスタンバイ。映画さながら、会場はミニオン一色に染まります。

東京は来年2月開催が決定しているものの、その他のエリアは開催日、会場ともに未定(エントリーは8月中旬に始まる予定)。しかし、人気のファンラン、しかもミニオンのコスプレというだけに、エントリー応募は殺到する見込みだ。ミニオンズになりたい!という人はまめに公式サイト(http://minionsrun.jp)をチェックして。

minionnzu

 

こじはる、テッドの“セクハラ”にタジタジ!有吉「胸元がエグい」

タレント、有吉弘行(41)とAKB48の小嶋陽菜(27)が18日、東京都内で行われた米映画「テッド2」(28日公開)の完成披露試写会に出席した。

同作ファンクラブ代表の小嶋は、中身が中年オヤジというテッドの着ぐるみに抱きつかれ、お尻や太ももをさわられる“セクハラ”に遭い、「ひどーい」とタジタジに。有吉からは「(ドレスの)胸元がエグい」と毒舌を浴びせられ、「エグいって言わないで~」とプンプンだった。

taidi 泰迪熊9

 

米映画「テッド2」の完成披露試写会に出席した有吉弘行と小嶋陽菜。テッドらクマのキャラクターに囲まれた

ピカチュウ大量発生に中川翔子号泣!ポケモン舞台挨拶

現在公開中の映画『「光輪(リング)の超魔神フーパ」同時上映「ピカチュウとポケモンおんがくたい」』のイベントとして行われている「踊る?ピカチュウ大量発生チュウ!」に、8月15日(土)中川翔子が舞台挨拶に登場して来場者を沸かせた。

このイベントは、8月8日(土)から16日(日)まで横浜・みなとみらいで行われていたもので、期間中にエリア内の10箇所に合計1000匹以上のピカチュウが発生するというもので、8/15(土)に、メアリ役を演じている中川翔子とピカチュウ着ぐるみ20匹が舞台挨拶に登場。

ポケモンマスターが夢だったという中川が「右向け右!」「ジャンプ!」と号令をかけると、ピカチュウたちは一斉に右を向いてジャンプを披露。さらに中川から「Choo Choo TRAIN」や「耳だけ動かしてスクワット!」と高難易度の指令が飛び、混乱するピカチュウたちに会場から声援が飛ぶ場面も。

最後にサプライズで中川の曲「ドリドリ」が流れピカチュウたちは息のあったパフォーマンスを披露。それを見た中川は感激で大号泣。

「私はアニメソングを歌うのが夢で、その夢を叶えてくれた「ドリドリ」に合わせてピカチュウが踊ってくれました!夢と夢が合わさってまさにビッグバンドリーム!現世に悔いなし!でもこんな奇跡がまた起こるなら、まだまだ死ねないですね(笑)」と、感無量のコメント。

最後はたくさんのピカチュウに囲まれてのフォトセッションが行われ、大盛況のうちにイベントは幕を閉じた。

pikaqiu

 

『ミニオンズ』興収40億円突破も視野に

ミニオンズ』が大ヒット中だ。7月31日に公開開始し、12日時点で興行収入は約23億。シリーズ1作目『怪盗グルーの月泥棒 3D』の興行収入が12億、前作『怪盗グルーのミニオン危機一発』が25億と「倍増」しており、今作もこのままいけば40億は突破すると思われる。

今回のキャストでは、天海祐希さんやバナナマンさん、真田広之さん、笑福亭鶴瓶さんは国民的な知名度を誇り、なおかつ天海さんが演じる”女ボス”という主人公キャラにもイメージが合う。一方、宮野真守さんとLiSAさんは100人中100人に知られている存在ではありませんが、アニメファンの間では絶大な人気を誇ります。単に有名人を起用するのではなく、さまざまな層にリーチすることを考えてご参加いただきました。

ミニオンのキャラもそうですが、映画で流れる60年代の音楽など、大人でも楽しめる作品です。ぜひ幅広い層に観ていただきたいですね。ちょこまかと動くミニオンズの快進撃は、まだまだ続きそうだ。

minionns

<人気子役>愛菜、福、花音、星蘭が4人で初共演 「スヌーピー」吹き替えで

芦田愛菜さん(11)、鈴木福君(11)、小林星蘭さん(10)、谷花音さん(11)の人気子役4人が劇場版3DCGアニメ「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」(スティーブ・マーティノ監督、12月4日公開)の日本語吹き替え声優を務めることが10日、明らかになった。4人で共演するのは今回が初めてで、この日、東京都内で行われた同アニメのイベントに登場した4人は、イベント終了後に取材に応じ、「4人で一緒に仕事するのは初めて」と聞かれると「初めてです」と声をそろえ笑顔をみせた。

 「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」は、人気キャラクターのスヌーピーが登場するマンガ「ピーナッツ」を初めて3DCG化する作品。2002年に公開された劇場版アニメ「アイス・エイジ」(クリス・ウェッジ監督)シリーズを手がけたブルー・スカイ・スタジオが製作し、音楽はディズニーの劇場版アニメ「アナと雪の女王」を手がけたクリストフ・ベックさんが担当する。

 イベントにはこの日、誕生日を迎えたスヌーピーも登場し、8月10日を「スヌーピーの日」にすることも発表された。子役たちはそれぞれの役衣装をまとい、スヌーピーに誕生日プレゼントを手渡しし、巨大バースデーケーキを囲んで、記念撮影も行われ、最後まで仲睦まじい姿を披露していた。

snoopy

ケイティ・ペリー、アンチ・テイラーのインスタグラムをフォロー?

ケイティ・ペリーがフォローしたのはその名も「sluttytaylorswift(ふしだらなテイラー・スウィフト)」。一般人の女の子のアカウントだそう。

とはいえ、このアカウント、投稿してある写真も普通の女の子らしいノーマルなもの。“ふしだら”だったり、テイラーをからかうようなものは見当たらないとか。このアカウントをケイティがフォローした理由は不明だけれど、一部のメディアからは「このアカウント名に惹かれたからでは?」という意見も。

ちなみに最近、テイラー側にも動きが! 7月下旬に開催されたコンサートにサメの着ぐるみを着たダンサーが登場したそう。これには今年2月のスーパーボウルのハーフタイムショーでサメの着ぐるみを着たバックダンサーと一緒に踊っていたケイティ・ペリーを意識、からかっているのでは? という噂が浮上。しかもそのときに歌っていたのはケイティとの確執を歌った「Bad Blood」だったとか!

小さな攻撃技を次々と繰り出す歌姫2人。次はどんな手でくるのか、見逃さないよう要チェック!

boke

「BORUTO」本日公開!舞台挨拶で岸本斉史「マンガ以上のもの作った」

岸本斉史原作による劇場アニメ「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」の公開を記念したカウントダウンイベントが、公開前夜にあたる昨日8月6日の23時30分よりTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた。

イベントには製作総指揮を手がけた岸本をはじめ、うずまきボルト役の三瓶由布子、うずまきナルト役の竹内順子、うちはサラダ役の菊池こころ、うちはサクラ役の中村千絵、奈良シカダイ役の小野賢章、奈良シカマル役の森久保祥太郎が登壇。BORUTOの着ぐるみも登場。連載、映画の製作をそれぞれ終え「結構暇になった」と挨拶した岸本は、「連載中は自分のことをナルトだと思って、感情移入して(作品を)描いていたんです。そう考えると担当編集者はサスケでしたね。厳しいところもあってなかなか認めてくれない。最初の読者でもあり、ライバルのような存在でした」と回想する。

映画「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」は、本日8月7日に全国東宝系にて公開。なおコミックナタリーでは、昨年公開の映画「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」Blu-ray&DVDの発売を記念した竹内への、映画ナタリーでは「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」の主題歌を手がけるKANA-BOONへのインタビューをそれぞれ掲載しているのでこちらもチェックしてほしい。

naruto